Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiita Widget : Qiitaの投稿を表示できるブログパーツ

More than 3 years have passed since last update.

Qiitaの新着投稿をウェブサイトに埋め込むことができるウィジェットです。自分のブログなどのウェブサイトにQiitaの活動を載せたり、Qiita:Teamに特定のタグのタイムラインを表示したりできます。

Qiita_Widget_Demo.png

図:左はユーザ投稿の、右はRubyタグのタイムライン

Qiita Widgetの動作するデモはこちら

ウィジェットの設置方法

下記のコードのyour_nameの部分を表示したいユーザ名に置換えてお使いください。

<a href="https://qiita.com/your_name" data-qiita-widget data-username="your_name">suinのQiita投稿</a>
<script src="https://qiita-widget.suin.io/widget.js" defer></script>

ウィジェットのカスタマイズ

data-*属性を設定することで、ウィジェットの表示をカスタマイズできます。

コンテンツのカスタマイズ

表示するコンテンツは「ユーザ投稿」「タグへの投稿」「キーワード検索結果」のいずれかを選択することができます。

属性 説明
data-username="ユーザ名" ユーザ名: string ユーザの新着投稿が表示される
data-tag="タグ" タグ: string タグへの新着投稿が表示される
data-search="キーワード" キーワード: string 検索キーワードに合致する新着投稿が表示される

見た目のカスタマイズ

ウィジェットの大きさや表示件数といった見た目をカスタマイズすることができます。

属性 説明
data-items 表示件数: int 表示する投稿数
data-width 幅: string ウィジェットの幅。値はCSSのwidthで使用可能なもの。デフォルト: 100%
data-height 高さ: string ウィジェットの高さ。値はCSSのheightで使用可能なもの。デフォルト: 400px
data-hide-header Qiitaのロゴを非表示にする
data-hide-footer Qiita Widgetへのリンクが非表示になる
suin
Qiita 4位/TypeScript入門書執筆中/TypeScripterのための座談会「YYTypeScript」主催/『実践ドメイン駆動設計』書籍邦訳レビュア/分報Slack考案/YYPHP主催/CodeIQマガジン執筆/株式会社クラフトマンソフトウェア創設/Web自動テスト「ShouldBee」の開発/TypeScript/DDD/OOP
https://yyts.connpass.com/
shouldbee
開発者向けテスト支援サービスShouldBeeを開発・運営するスタートアップ(onlab第8期)
http://shouldbee.at
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした