Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub Organization: Issues+Pull Requestでチケット駆動開発する手順

More than 5 years have passed since last update.

GitHub OrganizationでGitHubのIssuesとPull Requestを使ってチケット駆動開発をする手順を説明する。

手順

Organizationのリポジトリからローカルにチェックアウトする

hub clone `org名`/`リポジトリ名`

OrganizationでIssueを作る

ここで issue番号 が発番される

トピックブランチを作る

git checkout -b issues/`issue番号`

開発する

コードを書いて、テストを通す

トピックブランチをOrganizationのリポジトリにpushする

git push -u origin issues/`issue番号`

プルリクエストする

hub pull-request -i `issue番号` -h issues/`issue番号`

コードレビュー

メンバ全員にレビューを依頼する(大人数のチームならレビュアーを指名したほうがいい)。依頼するときはメンションする。

GitHubのPRでのコメント例

レビューを依頼してもなかなかレビューをしてもらえない場合は、Slackやチャットなどで、メンションを飛ばしつつしつこく依頼する

レビューを依頼された側は、自分ができそうになければ、辞退することができる。他に適任の人を指名してもいい。その場合は、GitHubのissueにコメントを残す。

ここで、コード修正が必要になったらコードを直して、git pushして、再度コードレビューへ。

コードレビューはブランチがマージ可能であることが前提。もしここでconflictしていたら、レビュー者は開発者に通知する。開発者はそれを解消してから再度コードレビューを依頼する。解消する方法は『Git - プルリクエストの画面でMerge出来ない事がわかった場合にどうすればよいか考える。 - Qiita』を参照。

マージ

レビューが通ったらレビュー者がGitHubウェブサイト上でマージする。
ここで master ブランチに取り込まれる

リモートのトピックブランチを削除する

マージすると、GitHubの画面上に「Delete Branch」ボタンが出るので押す。

ローカルの master ブランチを最新にする

git pull --prune

--prune をつけることで前のステップで消したリモートトピックブランチのローカルにある情報が消える

ローカルのトピックブランチを削除する

masterに取り込まれたトピックブランチは削除してしまおう

git branch -d issues/`issue番号`
suin
Qiita 4位/TypeScript入門書執筆中/TypeScripterのための座談会「YYTypeScript」主催/『実践ドメイン駆動設計』書籍邦訳レビュア/分報Slack考案/YYPHP主催/CodeIQマガジン執筆/株式会社クラフトマンソフトウェア創設/Web自動テスト「ShouldBee」の開発/TypeScript/DDD/OOP
https://yyts.connpass.com/
craftsman_software
「インフラの心配は、もうおしまい」 インフラ運用を自動化し、手作業を限りなくゼロにする会社
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away