Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiita Advent Calendarを使ってみての感想

More than 5 years have passed since last update.

2012年のクリスマスシーズンに向けて2012年11月8日に公開された Qiita Advent Calendar を使ってみての感想を書きたいと思います。

アドベントカレンダーの利用形態によって感じ方も違うと思います。なので、まずは私がどのようにアドベントカレンダーを使ったかについて簡単に説明します。その後、アドベントカレンダーを使ってみてどう感じたかについて書きます。

1. 私のユースケース

アドベントカレンダーへの関わり

アドベントカレンダーについては2,3年前から知っていましたが、アドベントカレンダーを主催するのも参加するのも今回の Qiita Advent Calendar が初めてでした。書くのもはじめてということがあり、他のアドベントカレンダー文化とはちょっと違ったかもしれません。個人的にはリレーブログ感覚で関わりました。

Qiita Advent Calendarへの関わり

今回、Qiita Advent Calendar で XOOPS Themes and Templates Advent Calendar 2012 を主催する形で関わることになりました。言い出しっぺということもあり、主催するだけではなく、一人で3日分の記事の執筆も担当しました。

執筆者の募集

アドベントカレンダーの執筆者はFacebookの XOOPS Creators グループで呼びかけて募集たり、直接依頼したりしました。というのも、XOOPS関係者が Qiita を使っていないか、読むけど書かないようなユーザ層だったからです。他の言語系アドベントカレンダーは、普段から tips を書いているような Qiita ユーザが自然と集まっているようです。執筆者募集の点で、XOOPS Advent Calendar は例外的だったと思います。

告知

せっかくいろいろな人にお願いして書いてもらうこともあり、多くの XOOPSユーザに見て欲しいと思いました。そこで、XOOPSの公式サイトコミュニティサイトに告知を掲載しました。また、XOOPSのデベロッパー層が集まるFacebookグループの XOOPS Creators や、初心者勉強会で告知しました。

使った機能

  • アドベントカレンダー編集
  • アドベントカレンダー参加者一覧
  • アドベントカレンダー参加登録・解除
  • アドベントカレンダー記事登録
  • アドベントカレンダー記事一覧
  • アドベントカレンダー一覧
  • ソーシャルボタン

使わなかった機能

  • Googleカレンダーに登録
  • フィード購読

参加者内訳

  • 参加登録した: 25件
  • 記事を書いた: 23件
  • Qiitaに記事を書いた: 18件
  • 投稿登録機能を使った: 14件

2. 使ってみての感想

感想を要約すると、「静的なデザインはナイス!だけど、インタラクティブなデザインはあと一歩」というところになります。ここではもう少しブレークダウンして、「とてもいいところ」「いいところ」「もうすこしなところ」「できれば欲しかった機能」の4つの側面から、ひとつひとつの機能についての感想を書いていきます。

2.1 とてもいいところ

参加登録が月間カレンダー表示

月間カレンダーは、バーチカル表示のカレンダーより曜日がわかりやすく、直感的に日付を選べるのが使いやすかったです。XOOPSではなぜか隔週で日どりする傾向がありました。

Qiita投稿とシームレスに連携する点

Qiita投稿をカレンダーと連携する機能ですが、Qiita投稿のURLをコピペしさえすれば、カレンダーから投稿へのリンクはもちろん、投稿からカレンダーのリンクも自動でできて便利でした。

説明文にMarkdownが使える

アドベントカレンダーの説明文にはMarkdownが使えます。XOOPS Themes and Templates Advent Calendar 2012 では、写真を貼ったりとがっつりMarkdownを使いました。クリスマスの雰囲気を出したり、飾ったりできてよかったと思います。

2.2 いいところ

タイトルの "Advent Calendar 2012" が固定

Qiita全体で統一感が出ますし、なにより入力しなくてもいいのが楽でした。

2.3 もうすこしなところ

投稿が1件以上できたタイミングで、説明文が突如のように消える

どうしたらどうなるかが予測しにくいUIになっていると感じました。カレンダーのトップでXOOPSが何なのかについて解説したかったのですが、アドベントカレンダーの説明文は参加者一覧に行かなければ見ることができなくなるのが残念でした。説明文は投稿一覧ページにも出ていていいと思いました。

登録した投稿を解除できない

解除の仕方が分かりにくいと感じました。いろいろ試行錯誤して、一旦参加登録を解除することで投稿も解除できることが分かりましたが、直感的ではないなと思いました。知人は試しに登録機能を使ったところ、どうしても解除の仕方がわからず、Qiita投稿を全て消したとのことでした。

カレンダー一覧で、違う年のカレンダーがまざっている

2012年のカレンダーなのか2011年のカレンダーなのか分かりにくいと感じました。年ごとにカレンダーを分かれているようなデザインだともっといいと思います。

2.4 できれば欲しかった機能

カレンダーの説明のプレビュー

カレンダーの編集画面にもMarkdownのプレビューがあるといいなと思いました。

Qiita投稿以外へのリンク

いろいろ大人の事情はあると思いますが、Qiita投稿以外へのリンクができるといいと思いました。記事の内容までは出なくとも、一覧にリンクが出るくらいは欲しかったです。私自身はQiitaに投稿していたのでさほどストレスは感じませんでしたが、自分のブログに投稿した人は不便したのではないかと思います。私としてはQiitaを広める意味でもアドベントカレンダーを開催したので、Qiitaの価値が不本意に評価されるのは残念だと感じました。

おわり

以上が私がQiita Advent Calendarを使ってみての感想でした。きっと、Qiitaの中に人は、プログラマにアドベントカレンダーを楽しんでもらおうと思って、超多忙な年末シーズンの中、急ピッチで作ったんじゃないかと察します。なので、ちょっと辛口なところがあって申し訳ないです。アドベントカレンダーが今後いっそうパワーアップすることを楽しみにしています :)

suin
Qiita 4位/TypeScript入門書執筆中/TypeScripterのための座談会「YYTypeScript」主催/『実践ドメイン駆動設計』書籍邦訳レビュア/分報Slack考案/YYPHP主催/CodeIQマガジン執筆/株式会社クラフトマンソフトウェア創設/Web自動テスト「ShouldBee」の開発/TypeScript/DDD/OOP
https://yyts.connpass.com/
craftsman_software
「インフラの心配は、もうおしまい」 インフラ運用を自動化し、手作業を限りなくゼロにする会社
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away