1. suin

    No comment

    suin
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,22 +1,25 @@
Gradleで生成したプロジェクトには、Gradle Wapperと呼ばれる`gradlew`と`gradlew.bat`という2つの実行ファイルができる。前者はLinux/macOS用、後者はWindows用だ。
GradleをHomebrewなどでインストールした場合は、`gradle`コマンドと`gradlew`コマンドの2つが手元にある状態になる。この2つの違いは何なのか?
## gradlewはGralde + インストーラー
gradlewはGradleがなければインストールしてくれる。
## gradlewはプロジェクトの一部
gradleはどのプロジェクトとも関連しない実行バイナリであるのに対し、gradlewはプロジェクトの一部になっている。つまり、gitに入れて管理し、プロジェクトチームで共有する。
## gradlewは特定バージョンのGraldeと関連付けられている
gradleはHomebrewでインストールしたときのバージョンになるが、gradlewは特定のバージョンのGradleに固定化される。なので、もしローカルにgradleがあったとしても、バージョンが異なれば、gradleをインストールされる。
## gradlewを使うメリット
* 新規参加の開発者にgradleのインストールを頼まなくてもいい。(勝手にインストールされるから)
* チームでgradleのバージョンが勝手に統一され、再現性の高いビルド環境になる。
* CIなどでgradleを使えば一貫した信頼性のあるビルドになる。
-*
+
+## 次のステップ
+
+* [Gradleでタスクの一覧を表示する - Qiita](https://qiita.com/suin/items/1dc1b76b60246a45fac9)