Spring Boot > Actuator

Actuatorでアプリケーションをモニタリング

build.gradle.kt > dependenciesに以下を追加

dependencies {

...
implementation('org.springframework.boot:spring-boot-starter-actuator')
...
}

これで実行するだけでモニタリング可能になる

endpoints 一覧

actuatorの設定を変更するにはapplication.ymlに追記する

以下のようにbaseのPathを変更するには

http://localhost:8080/actuator/health

 ↓

http://localhost:8080/other/health

management > endpoints > webに追加する。


src/main/resources/application.yml

management:

endpoints:
web:
base-path: /other # Default is /actuator


エンドポイントの公開

デフォルトで有効になっているエンドポイントは以下の2つ


  • /health

  • /info

management > endpoints > exposure > include に追加する。

include: "*"

または

include: エンドポイント名, エンドポイント名

ex. include: beans, env

以下のような感じ


src/main/resources/application.yml

spring:

application:
name: Message API
server:
port: 8080
management:
endpoints:
web:
exposure:
include: health, info, beans, env, scheduledtasks
base-path: /other # Default is /actuator


参考

Spring Boot Actuator Web API Documentation

ことりんと一緒 Springもね - 5. Actuator - Qiita