ifttt
Line
IoT
Mesh
Clova

ClovaがIFTTT連携に対応したのでMESHで今から帰るよ通知できるようにしてみた

IMG_0800.JPG

昨年LINE Developer Day 2017で構想が発表されたClovaでのスキル開発オープン化。待ち望まれている方も多いと思いますが、それに先駆けてIFTTT連携がリリースされたので試してみました。

概要

公式リリースをまとめると、

  • ClovaにIFTTT連携機能が追加された
  • 今回のリリースにはトリガーは含まれない(将来的に対応するような書き方がされていて期待が持てますね!)
  • トリガーされるとClovaに通知が貯まり、端末のLEDが点滅(端末の選択は不可能。アカウントにリンク済みの全ての端末に通知される)
  • 「Clova、お知らせある?」と呼びかけると溜まっている通知を読み上げてくれる

準備

Clovaのページを開きます。IFTTTにログインしていない方はして下さい。

スクリーンショット_2018-03-22_10_50_36.png

「Connect」をクリックしてLINEアカウントでログインします。これでアクションとして利用できるようになりました。

今から帰るよ通知

ではMESHと連携してみましょう。

ボタンを押すとClovaに「今から帰るよ」と通知されるものを作ります。作る理由ですが、

課題

旦那側

  • 作業が面倒
  • よく忘れる
  • 帰ってからも仕事することが多く、帰ったらすぐにご飯食べたい
  • キッチンにいても今から帰るよ通知に気づいて欲しい

妻側

  • その時間はキッチンにいることが多く、気づいていないことがよくある。スマホは常時サイレント。
  • 料理中は手が汚れてたり塗れてたりするのでにスマホ手に取るの面倒

解決できること

  • 通知作業が簡単に
  • Clovaが光るのでキッチンにいても通知が来ているのが分かる
  • 料理しながらでも声で通知内容を確認できる
  • 確認後、そのまま声でLINEの返信ができる

作ってみる

IFTTT側

「My Applet」。Appletはトリガーとアクションの組み合わせです。
スクリーンショット_2018-03-22_11_53_23.png
「New Applet」。
スクリーンショット_2018-03-22_11_53_30.png
「this」
スクリーンショット_2018-03-22_11_53_35.png
検索窓に「mesh」と入れて出てきたのをクリック。
スクリーンショット_2018-03-22_11_53_49.png
Event from MESH App
スクリーンショット_2018-03-22_11_53_53.png
「frombutton」と入力してCreate。
スクリーンショット_2018-03-22_11_54_12.png
「that」
スクリーンショット_2018-03-22_11_54_15.png
検索窓に「Clova」と入れて出てきたのをクリック。
スクリーンショット_2018-03-22_11_54_21.png
Post Message to Clova
スクリーンショット_2018-03-22_11_54_24.png
Crate
スクリーンショット_2018-03-22_11_54_27.png
Finish
スクリーンショット_2018-03-22_11_54_34.png

MESH側

スマホやタブレットのMESHアプリを開きます。詳しくは以前書いた記事にて。MESHとLINE Notifyの連携

ボタンタグとIFTTTタグを接続し、IFTTTタグをタップ。

IMG_0797.PNG

先程IFTTTで入力したイベント名と、通知したいテキストを設定してOK。

IMG_0798 2.png

これで完成です。

動作確認

ボタンを押してみましょう。

Clovaが「ピコン!」と鳴り、下部が上品に光りはじめます。その状態で「お知らせある?」と呼びかけると、通知が読み上げられます。

デモ動画

尚、アカウントに紐づくClova搭載端末が複数オンラインの場合はその全てに通知されます。いずれか一台でお知らせを再生すると他の端末からも削除されます。

まとめ

スマートスピーカーならではの便利な機能が実装されました。MESHはアプリがバックグラウンドの場合でも動作しますが、MESHハブアプリケーションというものもあり、こちらですとスマホアプリが起動していなくても常時起動中になります。

また今回はトリガーとしてMESHを選択しましたが、Maker Webhookを使うと以下のようなリクエストを実行することで好きな内容を好きなタイミングで通知できます。

curl -d '{"value1":"this is event 01"}' https://maker.ifttt.com/trigger/{name_of_event}/with/key/{your_key}

こちらを使うとより自由なアプレットが作れると思います。

生活を便利にするアプレットの登場が待ち遠しいですね!