Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS RoboMakerのROS2(Beta)版を使ってみる

概要

最近AWS robomakerでROS2がサポートが開始されました!バージョンはbetaですが、2020年の後半くらいにbetaが取れるらしいです。今回は、robotmakerの開発環境でros2を選択し、そこでノードの実行をしてみたいと思います。

また、ros1でのAWS RoboMakerは次の記事がとてもよくまとめられていて助かりました。
https://qiita.com/nmatsui/items/6721c820000cf5115bdc

実行手順

 今回はros2のチュートリアルとして公開されている"Hello World"を使用してros2のノードを実行してみたいと思います。また、aws robomakerのros2対応のチュートリアルは現在、2つあります。(2019/12/14 現在)他のディストリビューションだと全部で5つあります。今後サポートが続けてられ行くうちに、他のディストリビューションで公開されているチュートリアルもROS2で実行できるようになると思います。

1. AWSコンソールを開き、開発新規->環境の設定を選択する

image.png

2. ROSディストリビューションをROS2 Dashingに設定する

image.png

3. Cloud 9が立ち上がったらHello Worldチュートリアルをダウンロードする

ー立ち上がり前
image.png

ー立ち上がり後
image.png

4. Hello Worldチュートリアルのコンフィグレーションを行う
コンフィギュレーションはCloud9の下部にあるbash shellで行ってください.

image.png

内容は以下の通りです。

sudo apt-get update
rosdep update
cd robot_ws
rosws update
rosdep install --from-paths src --ignore-src -r -y
colcon build
Simulation
cd simulation_ws
rosws update
rosdep install --from-paths src --ignore-src -r -y
colcon build

5. /HelloWorld/robot_ws/src/hello_world_robot/srcのrotate.pyを適当に編集する

6. ターミナル(Cloud 9上)で実行する

image.png

まとめ

今回は実行環境の構築と確認だけ行いましたが、今後はシミュレーションジョブを追加してgazeboとかを試していきたいと思います。すごく簡単にできるのでawsのアカウントを持っている人はぜひ一度試してみて下さい!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした