Edited at

Windows10 Build18917にWSL2を導入する


はじめに

WSL2でDockerが普通に動くようになりました! やったー!

というわけで, WSL2導入手順です. ほぼ公式にあるとおりですが…


手順


Virtual Machine Platform有効化

していない場合に.

> Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName VirtualMachinePlatform

Path :
Online : True
RestartNeeded : False

RestartNeeded がtrueなら再起動です.


WSL2を規定に設定

なんか特に何もしなくてもWSL2は導入されています. WSLを有効にしていなければ"Windowsの機能の有効化または無効化"からWSLを有効化するのを忘れずに. エラーが出ます.

> wsl --set-default-version 2

導入は以上です. 新しくなったWSLライフの始まりです.


その他


WSL1のものをWSL2に変換

あれば行います. 特にWSLを触っていないということであれば, する必要はありません.

まず導入済みパッケージ確認.

> wsl --list --quiet

Ubuntu


パッケージを変換

> wsl --set-version Ubuntu 2

変換中です。この処理には数分かかることがあります...
WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください
ディストリビューションは既に、要求されているバージョンです。

ちなみに, すでにVersion2のものにこれをしても同じメッセージが表示されます. (多分なにも処理していないと思います)


バージョン確認

> wsl -l -v

NAME STATE VERSION
* Ubuntu Running 2

Versionが2になったてたらOK


要確認

Hyper-Vが必要です. 忘れずに有効化しましょう.

つまり, VirtualBox等とは同時起動できません. 将来的には対応したいとかなんとからしいです.


おわりに

なかなかの朗報ですね. Windowsでの開発がより快適になったのではないかと思います.

まだ入れたばかりなのでWSL1との違いはまだあまり確認できていませんが, 色々試したいところです.