Help us understand the problem. What is going on with this article?

kubernetesのwindows環境構築

windows上でもkubectl(kubernetesのコマンド)が通るようにしたので、
その手順をまとめます。

事前知識

Dockerとは

kubernetesを勉強する前にDokckerについて簡単にまとめます。
Dockerはコンテナを実行するための実行環境およびツールキットです。
Dockerの理解がまだ浅いと思う方は、以下のページが参考になると思います。
https://datawokagaku.com/whatisdocker/
https://y-ohgi.com/introduction-docker/

kubernetesとは

コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリングなどの管理を自動化するためのプラットフォームです。Docker単体では一定以上の規模の開発において、複数のホストを効率的に管理することが難しいので、kubernetesといったコンテナオーケストレーションエンジンを利用します。これだけでは分かりにくいと思うので、以下のページが参考になりそうです。自分は本で勉強しました。
https://kubernetes.io/ja/
https://book.impress.co.jp/books/1118101055

環境

  • Windows10 pro
  • Docker for windows

windows10 homeだと環境構築の難易度が相当上がるらしいです。
自分はproにアップグレードしました。

手順

Hyper-Vの有効化

まずは、Hyper-V関連の機能を有効にしましょう。

Windowsキーから「Windowsの機能の有効化または無効化」を検索
Hyper-Vにチェックを入れてOK
image.png

docker for windowsをインストール

以下からダウンロードし、インストールしてください。
https://docs.docker.com/docker-for-windows/install/

以下のコマンドが通れば正常にインストールされて起動できています。

$ docker ps

もし右下に常駐しているdokckerアイコン(くじら)が赤くなっていれば、
なんらかの理由でdockerが起動できてないです。(白は正常)
メモリエラーの場合は他に起動しているプログラムを終了するか、
アイコンを右クリック - setting - AdvancedからMemoryを調整すると
起動できるかもしれません。

image.png

kubernetesを有効化

右下に常駐しているdokckerアイコン(くじら)を右クリック
setting → Kubernetes → Enable Kubernetes にチェックを入れてApply
image.png

下のコマンドでノードが表示できれば有効化できています。

$ kubectl get node
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした