Help us understand the problem. What is going on with this article?

AmusementCreators AdventCalendar : ACACの季節になり申して

More than 1 year has passed since last update.

これはAmusementCreators AdventCalendar2018の1日目の記事です。

AmesementCreatorsで今年代表を務めていた粗製伍長です。
1日目にはAmusementCreatorsの紹介と感想が記述されるらしいのでやっていきます。
やっていかないとやれません。大事なことですね。

AmusementCreators

AmusementCreatorsとは筑波大学公認サークルの一つで、ゲーム制作が活動の中心です。

発端は自前で卓を出す人々が情報共有の場を求めて出来上がったとの言い伝えがあります。
現在は音楽から入った人、お絵描きから入った人、大学で初めてプログラミングに触った人、そして当然プログラミングから入った人など色々なバックグラウンドの人々がゲーム制作という目的に集っています。

今からプログラミングやゲーム制作を始めるという人への能動的なサポートもあり、C#やその他様々な言語・視点から活動しています。

ゲームエンジンとAltseed

そんなサークルですがやはりこのご時世『ゲームを作る』という目的を第一にするとゲームエンジンを使う選択肢は中々魅力的であります。
そんな中AmusementCreatorsではAltseedというゲームエンジンをC#で使う事を初めてゲーム制作をする新入生にオススメしています。

AltseedはAmusementCreatorsのOBだけでなくコミッターさん達によって開発されているOSSです。
C#だけでなく.NET言語であるF#、C++、そしてJavaと理論上他のJVM言語で開発が可能です。

今年度の活動

しんかん!

AmusementCreatorsの活動は新歓とその〆である48時間ゲームジャムから始まります。
その名の通りゴールデンウィークに3日48時間を使ってゲームを1本作ってしまおうという企画です。

同じ場所に経験者である先輩方が沢山いるので新入生は「分からん!」と言うだけでサポートが入り圧倒的成長💪です。
やっていきがその身で体験できます。良かったですね。

夏コミ

そんな事をしている内に夏コミは遠慮なしに迫ってきます。AmusementCreatorsは夏冬のコミケに申し込み、当選した時にはサークルメンバーのゲーム作品をCDに焼き頒布しています。
円盤に焼くかDLカードにするかという話も出ていますがそれはまた別の話。

新入生にとっては大学に入って、ゲームジャムをして、慣れない大学生活にわちゃわちゃしていたらすぐにやってくるタイミングです。
一方でそれでもしっかりとした作品が完成していて新入生の強さに恐れおののいたりおののかなかったりしています。

合宿

夏休みの数日を使って筑波大学の施設にて合宿を行いました。
これは去年からのもので、諸事情により今年の合宿人間は去年の合宿人間と直和だったり、台風に直撃されたりアクシデントも発生しましたが、今年の合宿もつつがなくゲーム制作をしたりMinecr○ftをしたりMinecr○ftをしたり充実したものになりました。

雙峰祭

そうしていると筑波大学の学祭である雙峰祭です。
基本は夏コミの頒布作品をベースにブラッシュアップしたり、新作を作ったりしたものの公開です。
そして合間に来てくださった方々にサークルやゲーム制作ってなぁにという話をしたり、LT(Lightning Talk)というショートプレゼンをしたりしました。
ここでのCDの頒布も行いますが全部ハケまして有り難い限りでありました。

冬コミ will

そうしてこうしてAdventCalendarを書きながらも冬コミに向けて最後の追い込みをかけています。
実はこの記事を書いている時間も冬コミに向けたAmusementCreatorsもくもく会の最中です。
分かってるのだからもっと早くにやっていきましょうねというのは実感してるので許してください何にもしないけどゲーム制作をしたいです。

もくもく会!

今年度の秋半ばからもくもく会をAmusementCreatorsとして開催しています。
開催していますとは言うても普段活動している情報科学類ラウンジを合法占拠してもくもく会をするだけです。

隔週で開催しているので、今までゲームジャムに都合がつかなかった新入生がフェードアウトする現象に対しても有効かもしれないし、先輩方に対面で質問ができるのでやはり圧倒的成長💪です。
やっていきになるのは良いことです。良いことですかね?良いのでしょう。

今年を振り返って

今年は新入生として入ってきた人々は大変多かったのですがやはりゲームジャムへの参加の有無やその後のサークルのミーティングそのものにゲーム要素が薄かったりで大分人数が落ち着きました。

その一方で残ってくれた新入生含め全員のモチベは大変高く、作品も素晴らしいものが生まれています。
ゲームを作るという難しさはプログラミングだけ、グラフィックだけ、サウンドだけ、ではなくそれらの統合とマネジメントもあり、そんな中製作を進めている彼らの強さは確かなものだと思います。

それに『もくもく会の開催』や『ゲーム頒布形態の議論』、そして現在議論中でこそありますがサークル活動のあり方など新しいことへの取り組みや議論が活発で良さを確かに実感しています。

実は代表としては大変頼りない存在であったのですがサークルメンバー達の力でなんとか1年を過ごしていかせていただきました。
彼らへの謝罪と感謝を持ちつつ来年のAmusementCreatorsの活発な活動を願いながらこの記事の〆としたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away