CentOS
samba

ファイルサーバーのユーザー移行

More than 5 years have passed since last update.

sambaのファイルサーバーのユーザー移行手順めも


前提条件


移行前サーバー

centOS4.9

samba3.0

sambaユーザーのパスワード管理は「smbpasswd」でファイル管理


移行後サーバー

cantOS6.3

samba3.5

sambaユーザーのパスワード管理は「smbpasswd」でファイル管理のままにする


必要ファイルの取得


移行前サーバーでの作業

移行のために必要なユーザー情報の取得

cd

mkdir userdate
cd userdate
cp /etc/group .
cp /etc/gshadow .
cp /etc/passwd .
cp /etc/shadow .
cp /etc/samba/secrets.tdb .
cp /etc/samba/smbpasswd .
cp /etc/samba/smbusers .
cp /etc/samba/smb.conf .
cd ..
tar zcvf userdate.tar.gz userdate

scpなりなんなりでローカルに持ってくる


ユーザー情報ファイルの設置


移行後サーバーでの作業

scpなりなんなりで固めたファイルをあらかじめ置いておく

tar zxvf userdate.tar.gz

cd userdate
mv /etc/group /etc/group.def
mv /etc/gshadow /etc/gshadow.def
mv /etc/passwd /etc/passwd.def
mv /etc/shadow /etc/shadow.def
cp group /etc/
cp gshadow /etc/
cp passwd /etc/
cp shadow /etc/
chmod 000 /etc/shadow
chmod 000 /etc/gshadow
mv /etc/samba/secrets.tdb /etc/samba/secrets.tdb.def
mv /etc/samba/smbpasswd /etc/samba/smbpasswd.def
mv /etc/samba/smbusers /etc/samba/smbusers.def
mv /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.def
cp secrets.tdb /etc/samba/
cp smbpasswd /etc/samba/
cp smbusers /etc/samba/
cp smb.conf /etc/samba/

念のため置いてきたファイルの権限がdefに変えた元ファイルと変わりがないか確認しておく(重要)

smbpasswdを読むようにconfの記述追加

vi /etc/samba/smb.conf

[global]

passdb backend = smbpasswd
smb passwd file = /etc/samba/smbpasswd

testparm -v #sambaのデフォルトの設定も表示

testparm -vの出力内容を見て記述変更した内容に書き変わっていればOK

shutdown -r now

願いながら再起動を行い、移行したユーザーでsamba接続が行えれば無事終了。