Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu/Linuxで使えるGitのGUIクライアント(無料)まとめ

More than 1 year has passed since last update.

GitでGUIクライアントを使うべき理由

GitはTerminalだけで済ませる人も多いと思いますが、
私はGitこそGUIソフトを使うべきだと考える開発者です。

例えば、こんな時、

  • Commit履歴をたどって追うとき
  • Conflict解消するとき
  • FileごとのDiffを確認するとき
  • 大規模な開発でbranchが散乱している時

こんな時に、GUIベースだと、見やすく、素早く直感的に作業することができるので、おすすめです。明らかに効率が上がります。

GitをGUIで操作できるようにしてくれるソフトにはいろんなものがあります。
Macを使っていた頃は Sourcetreeを使ってて重宝していたので、Ubuntuでも使おうとしましたが、なんとLinuxをサポートしていません(今後もサポート予定はないと、公式サイトに回答があります)。

なので、UbuntuでSourcetreeの代用品になるようなソフトを探しました。

個人で使うなら

gitKraken
gitkraken

smartGit
smartGit

UIがモダンで洗練されて使いやすいし、見やすいですが、商用利用は有料です。

会社(商用)で使うなら

gitg, qgit, git-cola, gitEye
gitguis.png

git-gui
gitguis2.png

無料版ということもあって、どれもUI,機能が同じような感じなので、好みによると思います。
個人的には、gitgかgitEyeが一番使いやすいと感じました。
gitColaだけは、UIが悪くて非常に使いにくいです。
標準の git-guiもデザインとかボタンが完全にレトロな感じですが、使い勝手は悪くない印象でした。

番外編

Android Studio (IntelliJ IDEA)

Androidエンジニアでも使ってない人が多いかもしれませんが、IntelliJ IDEAのgit管理ツールは非常に高機能で優れものです。
IntelliJユーザーならこれで十分な気がします。というか、むしろ上で紹介したソフトより強力な気もします。
例えば、ファイルごとのHistoryを見せてくれて、どのCommitで、このコードが変更されたのか一発でわかったりします。
* ファイルごとの変更履歴(History)が確認できる!

Screenshot from 2018-08-01 12:00:37.png

参考URL

solmin719
韓国出身の外国人労働者(笑)で、主にAndroidアプリを開発しています (2015~)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした