Help us understand the problem. What is going on with this article?

Arduino IDE 1.6.3で8pinoにスケッチを書き込む

More than 5 years have passed since last update.

8pinoにスケッチを書き込む場合、8pino公式サイトでは、Arduino 1.0.5 for Trinketの利用を紹介されていますが、8pinoでもArduino IDEの最新版を使いたいなと思っていたところ、ドンピシャの記事を見つけたので試してみました。

結論

下記より「Aruduino 1.6.3 with Adafruit Boards for Mac OSX(10.7+)」よりダウンロード、インストールするだけでした。
https://learn.adafruit.com/adafruit-arduino-ide-setup/arduino-1-dot-6-x-ide

Arduino IDEを起動し[ツール]-[ボード]を確認すると、「Adafruit Trinket 8MHz」が表示されるようになっていました。(8pinoは、厳密いうとAdafruit Trinket 8MHz互換なので)
arduino163.png

後は[ツール]-[書込装置]として「USBtinyISP」を選択し、書き込みたいスケッチに対して「検証」「マイコンボードに書き込む」をすると、書き込み完了です。

ハマりポイント

実は1箇所だけハマりました。
上述の記事では、下記linkが先に紹介されており、ここで紹介されている3つのパッケージを「Boards Manager」からinstallしていたところ、上述の「Aruduino 1.6.3 with Adafruit Boards for Mac OSX(10.7+)」をinstallしても、[ツール]-[ボード]で「Adafruit Trinket 8MHz」が表示されませんでした。
https://learn.adafruit.com/adding-custom-boards-to-the-arduino-v1-6-board-manager

「Boards Manager」から下記パッケージをRemoveすることで、「Adafruit Trinket 8MHz」が表示されるようになりました。
* Adafruit AVR Boards
* ESP8266
* Arduino Leonardo & Micro MIDI-USB

snumano
少年野球・草野球のスコアを家族や知人で共有できるサービス「BaseballScore」を運営しています。 https://baseballscore.herokuapp.com/
http://nushu123.blogspot.jp/
idcf
未来をささえる、Your Innovative Partner
http://www.idcf.jp/cloud/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした