Posted at

git pull を使った vimperator プラグイン最新化方法

More than 5 years have passed since last update.

Vimperator Advent Calendar 2012 6日目担当 snaka です。

最近、自分の vimperator 環境が安定してしまってネタが無いにも関わらず Advent Calendar に参加してしまいました。

で、久しぶりに vimperator 環境を見直すためプラグインの最新化する必要があったので、git pull コマンドを使ってプラグインを最新化方法ついて書きたいと思います。

ちなみにですが、ここに書くような方法よりもっとお手軽にプラグインの最新化を行う方法として pluginManager.js という便利プラグインがありますので、そちらを使うことをオススメします(汗)

自分の場合、各プラグインのコミットログをローカルで参照する目的でこのような方法をとっています。


git clone する

まず、github からプラグインのリポジトリをgit cloneで適当な場所に clone します。

$ cd work

$ git clone https://github.com/vimpr/vimperator-plugins.git

上記の例では、~/work/vimperator-pluginsに各ファイルが格納されます。


.vimperator/plugins 配下にシンボリックリンクを作成

次に、先ほど clone したプラグインのうち実際に使用するプラグインのみ ~/.vimperator/plugin 配下にシンボリックリンクを作成します。

$ cd ~/.vimperator/plugin

$ ln -s ~/work/vimperator-plugins/_libly.js
$ ln -s ~/work/vimperator-plugins/_smooziee.js
$ ln -s ~/work/vimperator-plugins/copy.js
$ ln -s ~/work/vimperator-plugins/statusline-toolbar.js


vimperator を再起動する

vimperator のコマンドラインで:restartで再起動です。

pluginManager.js が入っていれば、vimperator のコマンドラインで:pluginmanager listでインストールされているプラグインの一覧が確認できます。

command

これでいつでも、git pull でプラグインが最新化できる環境ができました。

といっても、pluginManager.js がお手軽なんですけどね。


リンク