Edited at

tidalcycles0.9 on ubuntu16.04(xenial)

この間DOMMUNEでalgoraveやってたので、またtidalcyclesをセットアップしようと思いました。

以前セットアップしたPC(GPD Pocket1)のOSをubuntu16.04から18.04にあげたらちゃんと動かなくなってしまって、、

泣く泣くクリーンインストールしたことで消えてしまっていたので、、


supercollider インストール

apt install supercollider-ide

だと、3.66しか入りません。。(tidal 0.9はsupercollider3.8からでないと使えません)

調べてみるとubuntu16.04(Xneial)は、3.66までしかないようです。

仕方ないのでソースからビルドすることにしました(前は入れれた気がするのですが、、)

下記からソースをダウンロードします

最新は3.10ですが3.9でないとビルドできません。qt関係のパッケージで対応できていないのがあるようです

3.93をダウンロードします

https://github.com/supercollider/supercollider/releases/download/Version-3.9.3/SuperCollider-3.9.3-Source-linux.tar.bz2

ここの通りに進めていきます

https://github.com/supercollider/supercollider/blob/develop/README_LINUX.md


必要なパッケージをインストール

sudo apt-get install build-essential cmake libjack-jackd2-dev libsndfile1-dev libfftw3-dev libxt-dev libavahi-client-dev

sudo apt-get install git libasound2-dev libicu-dev libreadline6-dev libudev-dev pkg-config

QT関係はOSによって違うみたいなのでUbuntu16.04(xenial)だと下記のパッケージをインストール

sudo apt-add-repository ppa:beineri/opt-qt-5.11.0-xenial

sudo apt-get update
sudo apt-get install qt511base qt511location qt511declarative qt511tools qt511webchannel qt511xmlpatterns qt511svg qt511webengine qt511websockets


ビルドしてからインストールまで

ダウンロードしてきたファイルを展開して出来たディレクトリに移動して下記のようにbuildディレクトリを作って

buildをカレントディレクトリにします

※emacsが必要になるかもしれません

mkdir build

cd build

ビルドしてからインストールまでいきます

cmake -DCMAKE_PREFIX_PATH=/opt/qt511 ..

make
make install

cmakeにインストール場所を指定しないと下記の場所にインストールされます

usr/local/bin

上記のディレクトリにあるscideを起動するとIDEが立ち上がります。

そこで

include("SuperDirt")

と打ってその行でCTL+ENTER

その後一旦IDEを終了させて再起動して

SuperDirt.start;

と打ってその行でCTL+ENTERでSuperCollider側はOK

tidalの方は下記の通りで(エディタはvimを使ってます。Dirtの所は飛ばしてください)

https://qiita.com/skyfish20ch/items/3bc148b94ed3407c8ce3

この記事では、「¥ーS」としていますが、ctrl+eでした