Help us understand the problem. What is going on with this article?

LINEで減塩量を可視化しようとした話

概要

IoTで減塩量を可視化できないかなと思っている時に
M5Stack Grayを手に入れたのでチャレンジしてみた話です。(Arduino環境触るの初)

M5Stack Gray

題材としては日常でよく使う「醤油」を想定し、減塩量を測ってみることに。
今回はM5Stack Grayに標準搭載されている9軸センサーで、
傾斜を取得し、それをLINE Thingsを使ってLINEに送ってみます。

構成

環境構築はMacとArduino IDEで。
・M5Stack Gray
・LINE Things
・enebular
・醤油瓶

スクリーンショット 2019-07-30 21.55.25.png

参考

LINE Things用のサンプルはこちら
https://github.com/line/line-things-starter/tree/master/m5stack

M5StackのMPU9250(9軸センサー)のサンプル
https://github.com/m5stack/M5Stack/tree/master/examples/Modules/MPU9250/MPU9250BasicAHRS
実行すると下記が表示される
S__27779128.jpg

これらを組み合わせて実装していく。

実装メモ

実装にあたってのメモ

①M5Stackのディスプレイ調整
LINE ThingsとM5Stackを組み合わせた際に
表示崩れたのでLINE Things側のサンプルコードのLCD周りの記述を削除
 
②LINE Thingsへの通知設定
LINE Thingsの通知周りの設定がうまくいってなかったので、
「LINEで俺を呼べるボタン」を参考にenebularを設定

③データ量の制御
enebularを使ってLINE Thingsに傾きのデータを送るときに
制御しないとLINEアプリが落ちてしまうためdelay(1000)に設定して調整

今回は傾きでデータが送られて、LINEでアラート(通知)がいくようになったところまで。

所感

傾きと傾けた時間から正確に使用量割り出せば、しっかり減塩量出せそう。
(減塩醤油使えばよくね?という話もあるが…)
あとはLINE Things使わない方が楽に実装できそうだなと思った。

やはりデータ可視化するならためた方が良いと思い、
M5StackでFirebaseにデータ送るところまでは下記を参考にしてやってみた。
M5StackとFirebaseを使ってenebularとつないでみよう
M5StackとFirebaseを使ってenebularからトイレを流してみる

一旦ここまで。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away