Ruby
Mac

Mountain Lion環境への「rbenv」のインストール手順 + 設定方法

More than 3 years have passed since last update.

1. はじめに

本書では、Rubyのバージョン管理をする際に使用する「rbenv」のMacOS環境でのインストール手順及び設定方法について記述します。

2. 前提条件

  • MacOSのバージョンが 10.8.4 であること。(2013/8/30時点の最新バージョン)
  • Homebrewがインストールされていること。 (バージョン : 0.9.4)

3. インストール手順

(1) Homebrewを使ってrbenvとruby-buildをインストールします。

$ brew install rbenv ruby-build

(2) rbenvのパスを追加します。

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/shims:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

4. 設定方法

(1) 以下のコマンドを実行し、rbenvでインストールが可能なRubyのバージョンを確認します。

$ rbenv install -l

(2) インストールしたいRubyのバージョンを指定し、Rubyをインストールします。

$ rbenv install (バージョン名) # バージョンが1.9.3-p392のRubyをインストールする場合は 「rbenv install 1.9.3-p392」を実行します。

(3) 以下のコマンドを実行します。

$ rbenv rehash

(4) 以下のコマンドを実行し、上記のRubyがインストールされていることを確認します。

$ rbenv versions

(5) 以下のコマンドを実行し、MacOSでRubyが使えるように設定します。
*) ここでは「1.9.3-p392」をインストールしていることを前提にしています。必要に応じて読み替えてください。

$ rbenv shell 1.9.3-p392 # 現在実行しているシェル環境上の設定
$ rbenv global 1.9.3-p392 # システム全体の設定

5. 不要なバージョンのRubyを削除する場合

以下のコマンドを実行します。

$ rbenv uninstall -f (バージョン名) # バージョンが1.9.3-p392のRubyを削除する場合は 「rbenv uninstall -f 1.9.3-p392」を実行します。
$ rbenv rehash
$ rbenv versions # 対象のバージョンが削除されていることを確認します。