Posted at

CUDAのnsightが重い!とcomputeprofが動かない!問題への対処法

More than 5 years have passed since last update.

CUDAを使って開発しているときにnsightやcomputeprofを使えると非常に便利ですが、手元の幾つかの環境でnsightが重くてまともに使ってられない、computeprofに至ってはそもそも動かないという状況になったので対処法をまとめておきます。ただし、この対処法でもしばらくすると落ちることが頻繁にあるので、だれかもっと良い方法を知っていたら是非教えて下さい。


nsightの対処法

nsightはEclipseベースなのでよくあるEclipseが重い!問題と同じ解決方法で対処できます。

CUDAのインストールディレクトリのlibnsight/nsight.iniを以下のようにします。


nsight.ini

-showsplash

org.eclipse.platform
--launcher.defaultAction
openFile
-vm
../jre/bin/java
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.6
-Xms256m
-Xmx1024m
-XX:MaxPermSize=256m
-XX:CompileCommand=exclude,java/lang/reflect/Array,newInstance

何をしたかというと-Xm~を書き換えてJVMで使うメモリサイズを増やしただけ。これで動作は快適になります。ただし、最初に書いたように環境によっては結構落ちます。


computeprofの対処法

computeprofも上と同じようにすると起動できます。

CUDAのインストールディレクトリのlibnvvp/nvvp.iniを以下のようにします。


nvvp.ini

-data

@user.home/nvvp_workspace
-vm
../jre/bin/java
-vmargs
-Xms256m
-Xmx1024m
-XX:MaxPermSize=256m

これでとりあえずは動きます。

これで非常に見やすいcomputeprofが使い放題です。