1. shu223

    No comment

    shu223
Changes in body
Source | HTML | Preview

Parse の Cloud Code をはじめて触ってみた際に書いたメモです。ローカルで生成した JavaScript のコードをデプロイし、iOSアプリから呼んでみるまでの手順。

1. 準備

  • Parseダッシュボードからアプリをつくっておく
  • コマンドラインツールをインストールする
$ curl -s https://www.parse.com/downloads/cloud_code/installer.sh | sudo /bin/bash

2. Parse newコマンドを実行する

$ parse new MyCloudCode

EmailとPasswordを求められるので、入力する。

GitHubとかでサインアップした場合、Passwordがないので、ParseのダッシュボードのAccount->Editで設定しておく。

認証に成功すると、

1:MyAppA
2:MyAppB
Select an App: 

みたいな感じでどのアプリにするか聞かれるので、番号を入力する。

成功すると、下記フォルダ/ファイルが自動生成される。

-config/
  global.json
-cloud/
  main.js
-public/
  index.html

3. デプロイする

cloud/main.js にはHello world的なコードが入ってるので、すぐにデプロイして試せる。

$ cd MyCloudCode
$ parse deploy

成功すると、ダッシュボードの Cloud Code タブで main.js の内容を確認できる。

ちなみにこんなコード。

Parse.Cloud.define("hello", function(request, response) {
  response.success("Hello world!");
});

4. コマンドラインからたたいてみる

curlコマンドからmain.jsに実装されているhello関数を呼ぶ。

curl -X POST \
  -H "X-Parse-Application-Id: {Application ID}" \
  -H "X-Parse-REST-API-Key: {REST API Key}" \
  -H "Content-Type: application/json" \
  -d '{}' \
  https://api.parse.com/1/functions/hello

こういうレスポンスが返ってくる。

{
  "result": "Hello world!"
}

5. iOSアプリからたたいてみる

  • iOSアプリへParse SDKを導入する

この詳しい手順は省略します。

クイックスタートガイド

Parse.frameworkを追加して、依存フレームワークを追加して、APIキーとかをセットするメソッドを呼ぶ、それだけです。

  • (後ほど追記します)callFunctionInBackground メソッドで実装した関数を呼ぶ
[PFCloud callFunctionInBackground:@"hello"
                   withParameters:@{}
                            block:^(NSString *result, NSError *error) {

                                if (error) {

                                    NSLog(@"error:%@", error);
                                }
                                else {

                                    NSLog(@"result:%@", result);
                                }
                            }];

参考資料