Posted at

【環境構築】GradleでGoogle Play Services対応(Mac, Linux)

More than 3 years have passed since last update.


MAC環境


1. build.gradleに下記の内容を追加

apply plugin: 'android'

...

dependencies {
...
compile 'com.google.android.gms:play-services:+'
}


2. Google Play Servicesのインストール

・Android SDK Managerでインストール

もしAndroid SDK Managerで表示されない場合は

Android SDK ManagerでAndroid SDK Platform-toolsを更新すると表示される


3. gradleでビルド

・Android SDK ManagerでGoogle Repositoryをインストールする

・Android SDK ManagerでAndroid Support Repositoryをインストールする

・./gradlew clean buildを実行


Linux編


1. Android SDKバージョンアップ

$ ./android update sdk --no-ui


2. アップデートリストの確認

$ android list sdk --all


3.Google Play Services, Google Repository, Android Support Repositoryのインストール

$android update sdk -u -a -t 9, 11, 12


4. Progaurdでけっこう苦戦

・ローカル(Mac)で動いてたSDK直下のproguard-android.txtをそのままてデプロイ環境にコピーして使う


エラー対応のまとめ


1. preBuildエラー

Execution failed for task ':preBuild'.

failed to find Build Tools revision 19.1.0

android-sdk-linuxのbuild-toolに19.1.0がない

■Android SDK Build-toolsのインストール番号を確認

android list sdk --all

下記の結果が出る。インストール番号は3番!!

 3- Android SDK Build-tools, revision 20

■Android SDK Build-toolsをダウンロード

android update sdk -u -a -t 3


2. compile 'com.android.support:support-v4:5.0.77でのエラー

dependencies {

compile 'com.android.support:support-v4:19.1.0'
compile 'com.google.android.gms:play-services:+'
...
}

上記のようにバージョンを指定すればOK


3. zipalignのエラー

■Android SDK version 23にはzipalignがデフォルトで入ってないので18からダウンロードして入れる


4. proguardのエラー

java.io.FileNotFoundException: /PATH_TO_SDK/sdk/tools/proguard/proguard-android.txt (No such file or directory)

Android SDK version 23にはproguardがデフォルトで入ってないので18からダウンロードして入れる