Rails
udemy

Udemyのコース「【作りながら覚える!】 Ruby on Rails を用いたウェブ開発(Airbnbを作ろう!) 」を学ぶ。part2-2

More than 1 year has passed since last update.

Udemyのこちらのコースを受けながら、疑問に思ったこと、調べた結果、大事なことをまとめていきます。

part2-2 linkでページ遷移ができるようにする

<li><%= link_to"アカウント作成", new_user_registration_path %></li>

リンクの作成の仕方。 pathは、rake routesで確認。

*urlは絶対パス1で、redirect_toで用いる*2。
*_pathはルート相対パス
3で、redirect_to以外ではこれで問題ない。特にlink
toなんかでは、無駄な出力が省けるので推奨される。
参照

自己課題

  • アカウント作成のリンクを配置。
  • ログインのリンクを配置。

part2-3 SignupページにViewを整える

bootstrapのform

リンク

form-groupとform-controlは一体となって使う。

html.erbファイルでのclassなどの追加方法

<%= f.email_field :email, autofocus: true %>
|
<%= f.email_field :email,:class => 'form-control', autofocus: true %>

placeholderもこのように追加可能。
<%= f.email_field :email,:class => 'form-control', :placeholder=>'your mail',autofocus: true %>

class:'form-control'でもいけるらしい。

パスワードの文字数変更

パスワードの入力フォームはこんなんになっている。

<div class="form-group">
      <%= f.label :password %>
      <% if @minimum_password_length %>
      <em>(<%= @minimum_password_length %> 文字以上)</em>
      <% end %><br />
      <%= f.password_field :password, :class => 'form-control', :placeholder => 'your password',autocomplete: "off" %>
</div>

@minimum_password_lengthが変数。「devise minimumpassword」でググって見ると、config/initializer.devise.rbに変更できるとある。これで対応する変数の数字を変えればいい。(変更が反映されるのはサーバーを一旦閉じないといけない。)

自己課題

  • navbarをsign inページに追加。
  • deviseページ用のcssを追加
  • 配置を真ん中に。bootrsrapを使って。
  • サインインページにform-group,form-control classを適用。placehodlerも。
  • パスワードの長さを8文字以上に変更。
  • 下のloginの表記を「ログインはこちらから」に変更