keepalived
analytics
負荷分散
Cognos
生死確認

Cognos Analyticsで負荷分散装置からのKeepAliveのガイド

概要

負荷分散装置等から、後段の複数のCognos Analyticsノードに負荷分散を行う際に、このURLを指定して、という情報がありましたので共有します。

こちらの動画が情報元です。
Use the Alive monitoring servlet with Cognos Analytics on Linux with the cURL command
https://www.youtube.com/watch?v=DAdw71WcFXM

内容

URLはズバリ以下のURLで、デフォルトではポートは9300ですね。
負荷分散装置から定期的にこのURLの応答を確認し、Headerに200 OKの応答があれば問題なし、それ以外の応答になれば、負荷分散対象から外す、という話になります。
001.PNG

Linuxからは、curl -I コマンドでURLを指定し、応答を確認する事も可能です。
002.PNG

ブラウザに直接URLを入力した場合、本体には何も返ってこないので、F12のデバッグツールでHeaderの内容を確認する必要があります。
003.PNG

というような内容が記載されていました。

ご参考まで。