Gitの歴史改変で深んだので、歴史の改変方法をメモ。

歴史の改変をしたいリポジトリで、rebaseコマンドを使用する。

git rebase -i 編集したいコミットの前のコミットID

編集画面が表示されるので、消したいコミットのpickをdへ変更し、上書き保存。

編集前

pick 7539d45 toppage update               ←消したいコミット
pick cf4d0e1 ヘッダーフッター共通化しました

編集後

d 7539d45 toppage update                  ←消したいコミット
pick cf4d0e1 ヘッダーフッター共通化しました

gitのlogを見て、編集したコミットが削除されていることを確認し、歴史改変の編集内容を反映させる。

git push -f origin ブランチ名

補足

上記の歴史改変作業では、コミットのほか、追加したファイルやディレクトリも削除される。