Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@shibe23

Vue.jsでイベント処理を間引いて処理負荷を軽減する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

サジェスト表示のような、ユーザのアクションごとにイベントを発火させ、Ajaxで値を取得するコンポーネントを実装する場合、特に何も意識していないと、キー入力の度にAjaxでAPIをコールすることになり、APIに負荷がかかってしまいます。

一定間隔ごとに処理を間引くことで、負荷の軽減につながるため、
本記事では、簡単な実装例をご紹介します。

実装例

<input class="input" type="text" placeholder="キーワード検索" v-model="hoge" @input="handleSuggest">

@inputでユーザの入力ごとにイベントが発火します。

  data:function(){
    return{
      onEvent: false,
    }
  },

dataにイベント管理用のフラグを追加します。

  methods:{
    handleSuggest: async function(){
      const interval = 500;
      if(this.onEvent){return false}

      // フラグをtrueにしてajax処理を開始
      this.onEvent= true;
      setTimeout(async ()=>{
        /*
          ajax処理をここに記載
        */
        // ajax処理が完了した際にfalseに戻す
        this.onEvent= false;
      }, interval);
    }
  }

methods内で、イベントの間引き処理を記載します。
ポイントは下記の通りです。

  • data.onEventのフラグがtrueになっている間は、Ajax処理に入る前にreturn falseされる
  • Ajax処理が完了したら、data.onEventのフラグをfalseに戻す

intervalの値を変えることで、間引く量を調整することができるので、お好みで調整してみてください。

4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
shibe23

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?