postgres

さくらのVPSをDBサーバー代わりにするまで。

個人的メモ

やることはサーバーのpostgresポート(5432)を開けて、
postgresの設定を変更するだけ!
ただpostgres側は「受け入れIPの設定」と「リモート接続を待機状態にするをON」にしないと行けないです。

微妙に忘れやすいのでメモしておきます。

ポートを開ける

VPS的にはいつもの感じ(よく忘れるけど)
ファイアウォールの設定をします。

Ubuntuはこの場所ですね。

vim /etc/iptables/iptables.rules

この行を追加

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5432 -j ACCEPT

んでiptablesに反映させます

sudo iptables-restore < /etc/iptables/iptables.rules

PostgreSQL側の設定

まず、受け入れIPの設定をいじります。

sudo vim /etc/postgresql/9.5/main/pg_hba.conf

中段に自分のIPを設定、接続方式はmd5(暗号化パスワード方式で)

名称未設定.png

次にサーバーのListen状態を設定します。

sudo vim /etc/postgresql/9.3/main/postgresql.conf

"listen_addresses = '*' "を設定します。

image.png

最後にpostgresqlを再起動

sudo service postgresql restart

これでPgAdminからも接続できるデータベースが出来ました!

参考

UbuntuでPostgreSQLをインストールからリモートアクセスまでの手順
https://qiita.com/ibara1454/items/40ce2d82926f48cf02bc