Edited at

Spring Data とJPAの利用するまで その2

More than 1 year has passed since last update.


結構、設定の難易度が高め。

前回の続き

取りあえず前はSpringを使ってDBとの接続をしました。

ここからはJPAという本格的なDB操作フレームワークを使います。


目標を分ける

1.SQLとつなぐだけに必要なもの

 ・Hibernate EntityManagerライブラリ

 ・Spring JDBCライブラリ

 ・データベースのドライバ ポスグレとかH2とか

 ・プロパティファイル

 ・Bean構成ファイル(xml) 今回はJavaConfigを使わないです。 多分、かえってややこしくなりそう ←ここまで

2.加えてJPAに必要なもの  ←ここから

 ・Spring Data JPAライブラリ

 ・エンティティクラス

 ・persistance.xmlファイル(Java EJBの機能)

 ・Bean構成ファイル(xml)

 ・mainメソッドを持った実行クラス


ライブラリの追加

例のごとくライブラリの追加。

Springで新しい機能を使う時は大体ライブラリを編集しますね


pom.xml

        <!-- Spring Data JPA -->

<dependency>
<groupId>org.springframework.data</groupId>
<artifactId>spring-data-jpa</artifactId>
</dependency>

<!-- Spring ORM -->
<dependency>
<groupId>org.springframework</groupId>
<artifactId>spring-orm</artifactId>


保存したらMaven→updateProject


エンティティクラス

テーブルからエンティティクラスを作成する方法はこちらから。

要約

右クリして構成からJPAプロジェクトに変換してね。

JPAプロジェクトになったらテーブルからエンティティが自動生成するよ。

https://qiita.com/shibafu/items/39f3f5d6e63dda16bb12

凄まじく見づらいけど、

image.png

Entityが出来たら@Idとかアノテーションをつけてエラーを取ってあげましょう。

lombokを使って、@Dataでゲッターセッターを省略するのもいいかも

自動実装されたエンティティクラス

image.png


persistance.xmlの作成

src/main/resourcesにMETA-INFフォルダと中にpersistance.xmlファイルを作ります。

永続性ファイルというJava-EEの機能らしいです

(JPAで作成した場合はsrc/main/java内に出来てるので、移動して)

見取り図

src/main/resources/

  |

  |---META-INF

  |    |

  |    |--persistance.xml

  |---bean.xml

  |---database.properties   


persitance.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<persistence version="2.1"
xmlns="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/persistence"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/persistence
http://xmlns.jcp.org/xml/ns/persistence/persistence_2_1.xsd"
>

<persistence-unit name="persistance-unit">

<!-- HibernatePersistance定義 -->
<provider>org.hibernate.ejb.HibernatePersistence</provider>
<class>model.Mypersonaldata</class>

<properties>
<property name="hibernate.dialect" value="org.hibernate.dialect.PostgreSQLDialect"/>

<property name="hibernate.hbm2ddl.auto" value="create" />

<!-- ドライバーのプロパティ -->
<property name="javax.persistance.jdbc.driver"
value="${jdbc.driverClassname}" />
<property name="javax.persistance.jdbc.url"
value="${jdbc.url}" />
<property name="javax.persistance.jdbc.user"
value="${jdbc.username}" />
<property name="javax.persistance.jdbc.password"
value="${jdbc.password}" />
</properties>
</persistence-unit>
</persistence>


image.png


Bean構成ファイルの作成

最後にBean構成ファイルを作成します。

名前空間 xmlns= http://www.springframework.org/schema/data/jpa

http://www.springframework.org/schema/data/spring-jpa.xsd

を追加して

エンティティマネージャーをDIコンテナに登録します。


bean.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xmlns:context="http://www.springframework.org/schema/context"
xmlns:jdbc="http://www.springframework.org/schema/jdbc"
xmlns:tx="http://www.springframework.org/schema/tx"
xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans
http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd
http://www.springframework.org/schema/data/jpa
http://www.springframework.org/schema/data/spring-jpa.xsd
http://www.springframework.org/schema/context
http://www.springframework.org/schema/context/spring-context.xsd
http://www.springframework.org/schema/jdbc
http://www.springframework.org/schema/jdbc/spring-jdbc.xsd
http://www.springframework.org/schema/tx
http://www.springframework.org/schema/tx/spring-tx-2.0.xsd"
>

<!-- 組み込みデータベース用の設定>
<jdbc:embedded-database id="dataSource" type="H2">
<jdbc:script location="classpath:script.sql"/>
</jdbc:embedded-database-->

<!-- データベースプロパティの設定 -->
<bean class="org.springframework.beans.factory.config.PropertyPlaceholderConfigurer">
<property name="location" value="database.properties" />
</bean>

<!-- EntityManagerの設定 -->
<bean id="entityManagerFactory"
class="org.springframework.orm.jpa.LocalContainerEntityManagerFactoryBean">
<property name="dataSource" ref="dataSource" />
<property name="jpaVendorAdapter">
<bean class="org.springframework.orm.jpa.vendor.HibernateJpaVendorAdapter">
<property name="generateDdl" value="true" />
</bean>
</property>
</bean>

<!-- DB接続用の設定 -->
<bean id="dataSource" class="org.springframework.jdbc.datasource.DriverManagerDataSource" >
<property name="driverClassName" value="${jdbc.driverClassName}" />
<property name="url" value="${jdbc.url}" />
<property name="username" value="${jdbc.username}" />
<property name="password" value="${jdbc.password}" />
</bean>

<!-- JDBCテンプレートBeanの作成 -->
<bean class="org.springframework.jdbc.core.JdbcTemplate">
<constructor-arg ref="dataSource" />
</bean>

<!-- JPA Repository 設定 -->
<jpa:repositories base-package="com.TsugaruInfo.repository" />

<bean id="transactionManager" class="org.springframework.orm.jpa.JpaTransactionManager">
<property name="entityManagerFactory" ref="entityManagerFactory" />
<property name="dataSource" ref="dataSource" />
</bean>
</beans>



レッツ実行

メインクラスにエンティティマネージャーを置いて、JPAの機能を実行しましょう!


App.java


public class App{
public static void main(String args[]) {

//アノテーションを用いたテンプレートの作成
//context = new AnnotationConfigApplicationContext(DataSourceConfig.class);
//JdbcTemplate jdbcTemplate = (JdbcTemplate)context.getBean(JdbcTemplate.class);
//コンテキスト取得
// context = new ClassPathXmlApplicationContext("bean.xml");
// jdbcTemplate = context.getBean(JdbcTemplate.class);

context = new ClassPathXmlApplicationContext("bean.xml");

LocalContainerEntityManagerFactoryBean factory =
context.getBean(LocalContainerEntityManagerFactoryBean.class);
manager = factory.getNativeEntityManagerFactory().createEntityManager();

Mypersonaldata data = manager.find(Mypersonaldata.class, 1);

System.out.println(data);

}
}


これをJavaApplicationから実行

image.png

一番下に、postgresqlから読み込んだデータが表示されているのが分かると思います。


まとめ。

まぁ、Spring-Bootだと、この手続きを全部自動でやってくれるんですが、

基本を抑えてなくて動かなくなったので、参考までに。