1. shg3

    No comment

    shg3
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,82 +1,83 @@
#配列#
- 配列の種類
- 配列
- 多次元配列
- 配列のfor構文
- 拡張for構文
- int配列要素の平均計算のサンプルプログラム
##配列の種類##
###配列###
+略記法が楽だから使っていきたいが、ガベージのことを考えると、`new`を使う正式な書き方もしっかり覚えておきたい。**ガベージコレクション**があるとはいえ、省略されているところに`new`があると、しっかり自覚を持って略記法を書くこと。
```java
// 正式な書き方
int[] scores; //配列変数の宣言
scores = new int[3]; //配列要素の宣言
scores[0]=10; //配列要素代入
scores[1]=20;
scores[2]=30;
// 略記法
int[] scores = new int[]{10,20,30};
int[] scores = {10,20,30};
// すべて等価
```
###多次元配列###
```java
// 正式な書き方
String[][] scores = new String[2][3];
scores[0][0]="A1";
scores[0][1]="A2";
scores[0][2]="A3";
scores[1][0]="B1";
scores[1][1]="B2";
scores[1][2]="B3";
// 多次元配列の略記法
String[][] scores = {{"A1","A2","A3"},{"B1","B2","B3"}};
// すべて等価
```
##配列のfor構文と拡張for構文
`配列名.length`:これで配列要素の個数を取得して利用
```java
// 配列の作成
int[] scores = {10,20,30};
// 一般的なfor構文
for (int i=0; i<scores.length; i++){
System.out.println(scores[i]);
}
// 拡張for構文
for (int value:scores){
System.out.println(values);
}
```
###多次元配列の場合###
```java
// 配列の作成
int scores[][]={{10,11,12},{21,22,23}};
// 一般的なfor構文
for(int i=0; i<scores.length; i++){
for(int ii=0; ii<scores[i].length; ii++){
System.out.println(scores[i][ii]);
}
}
```
#参考書籍#
[スッキリわかるJava入門第2版]
(https://www.amazon.co.jp/dp/B00MIM1KFC/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1)
Pp.138-166