Edited at

OpenIPMIをインストールする(ソースからコンパイル) for CentOS7.3

More than 1 year has passed since last update.

Zabbixで利用される、OpenIPMIのインストール方法(ソースからコンパイル)を紹介。


バージョン情報

プログラム名
バージョン

OpenSSL
1.0.2j

Perl
5.24.0

Python
2.7.13

popt
1.16

ncurses
6.0

termcap
1.3.1

OpenIPMI
2.0.23-RC2

CentOS
7.3(7.2も確認済み)


あらかじめ必要なもの

あらかじめOpenSSL、Python2.xとPerlのインストールが必要です。

インストール方法は以下を参考にしてください。

Python2.xをインストール(ソースからコンパイル)for CentOS7.2

Perl5.8をインストールする(ソースからコンパイル) for CentOS7.2

OpenSSL(1.0.x)をインストールする(ソースからコンパイル)for CentOS 7.2


インストール手順


1.poptのインストール

cd /usr/local/src

wget http://rpm5.org/files/popt/popt-1.16.tar.gz
tar xvzf popt-1.16.tar.gz
cd popt-1.16
./configure
make
make install


2.ncursesのインストール

cd /usr/local/src

wget https://ftp.gnu.org/gnu/ncurses/ncurses-6.0.tar.gz
tar xvzf ncurses-6.0.tar.gz
cd ncurses-6.0
./configure
make
make install


3.termcapのインストール

cd /usr/local/src

wget https://ftp.gnu.org/gnu/termcap/termcap-1.3.1.tar.gz
tar xvzf termcap-1.3.1.tar.gz
cd termcap-1.3.1
./configure
make
make install


4.Swigのインストール

cd /usr/local/src

wget http://prdownloads.sourceforge.net/swig/swig-3.0.12.tar.gz
tar xvzf swig-3.0.12.tar.gz
cd swig-3.0.12
./configure \
--with-python=/usr/local \
--with-perl5=/usr/local
make
make install


5.OpenIPMIのインストール

cd /usr/local/src

wget --trust-server-names https://downloads.sourceforge.net/project/openipmi/OpenIPMI%202.0%20Library/OpenIPMI-2.0.23-rc2.tar.gz?r=https%3A%2F%2Fsourceforge.net%2Fprojects%2Fopenipmi%2Ffiles%2FOpenIPMI%25202.0%2520Library%2F&ts=1491199909&use_mirror=jaist
tar xvzf OpenIPMI-2.0.23-rc2.tar.gz
cd OpenIPMI-2.0.23-rc2
./configure \
--with-openssl=/usr/local/ssl \
--with-python=yes \
--with-pythoninstall=/usr/local
make
make install


確認

libOpenIPMI.so.2のライブラリリンクがきちんと見えているかを確認する

cd /usr/local/lib

ldd libOpenIPMI.so.0
linux-vdso.so.1 => (0x00007fff63b72000)
libm.so.6 => /lib64/libm.so.6 (0x00007fd524456000)
libOpenIPMIutils.so.0 => / not found
libc.so.6 => /lib64/libc.so.6 (0x00007fd523e8b000)
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00007fd524a73000)

not foundとなっている場合、/etc/ld.so.confに「/usr/local/lib」を追加するか、/lib64に"not found"なライブラリのシンボリックリンクを作成するとよい

例)

ln -s /usr/local/lib/libOpenIPMIutils.so.0 /lib64/libOpenIPMIutils.so.0

意外といろいろなライブラリとの関連性があるので、事前にインストールしておくプログラムに注意をしておくことが必要です。