IntelliJ

IntelliJを快適に使うための設定まとめ

以下の設定を行うことでかなり快適になる。全ての設定を網羅できず、いつも中途半端な状態で使っているのでまとめ。

  • vimプラグインの導入
  • .ideavimrcを作る
    • 昔は結構設定並べてたけど面倒くさくなって最近はこれだけ
  • フォントの設定
    • フォントの設定はIntelliJのメニューのPreferenceからfontと検索すると出てきます。EditorのFontになります。 スクリーンショット 2017-08-08 20.28.19.png
    • Line spasingの項目から行間を変更することができる。
    • デフォルトのフォントも十分見やすいけど最近自分がVimとかで使っているフォントをInnteliJに適用したら全然違う。
    • VimとかEmacsみたいなのはバリバリカスタマイズして使うのが楽しいしそれが醍醐味なんだけど、IntelliJは何もしなくても使えるからカスタマイズし忘れがちだけど、やっぱりカスタマイズするとどんなものでも違いますね。
  • 言語毎のインデントの設定
    • 全ての言語の設定をしておくと良いです。ついついJavaだけとかJSだけ。。。とやっていると後々面倒くさいので腹くくって全言語設定しておくのが良いです。
  • 特殊なファイル用のプラグインを追加
    • twig
    • Makefile (MacVimはデフォルトでMakefile対応してたかもだけどIntelliJは対応していなかったかも。プラグインして対応しました。)
    • ES7とかはデフォルトで対応していたような?TypeScriptは間違いなくデフォルト対応でした

次パソコン買い替えた時のために他にあればどんどん追記していきます。