はじめに

Google Apps Scriptの開発環境をUbuntu上に整えます。

Ubuntuで作業していますが、とくにOSには依存していません。
nodejsさえ動けばよいはずです。

環境

  • Ubuntu 17.10 artful
  • nodejs 9.11.1
  • npm 5.6.0

nodejs/npmがないときは、nodesource.comからインストールします。
具体的なインストール方法は https://github.com/nodesource/distributions#debinstall を参照してください。

プロジェクトの作成

適当なディレクトリを作成します。

mkdir gas-experience-1
cd gas-experience-1

git初期化します。

git init

npm初期化します。質問には適当に答えます。

npm init

こんなんができました。

% ls -AF
.git/  package.json

claspをインストール

node-google-apps-scriptはもう古いそうです。claspをインストールします。

npm install --save-dev @google/clasp

こんなんが入りました。

% ls -AF node_modules/.bin 
clasp@  gp12-pem@  mime@  mkdirp@  rimraf@  uuid@  which@

script.google.comへログイン

./node_modules/.bin/clasp login

ブラウザが起動するので、Googleへログインします。

image.png

アクセス可否を尋ねられるので、許可します。

image.png

ログインできたようです。ブラウザを閉じます。

image.png

ホームディレクトリにファイルができました。

~/.clasprc.json
{"access_token":"〜〜〜内緒〜〜〜","token_type":"Bearer","refresh_token":"〜〜〜","expiry_date":1523505527448}

GASプロジェクトを作成……の前に、APIを有効化

GASプロジェクトを新規作成しようとしたら、エラーになってしまいました。

% ./node_modules/.bin/clasp create gas-experience-1
Error: Permission denied. Enable the Apps Script API:
https://script.google.com/home/usersettings

メッセージに従って https://script.google.com/home/usersettings へアクセスします。

オフになっていました。

image.png

オンにします。

image.png

GASプロジェクトを作成

あらためてプロジェクトを作成します。タイトルを「gas-experience-1」にしました。付けなくてもよいです。

./node_modules/.bin/clasp create gas-experience-1

ファイルが2つできました。

% ls -AF
appsscript.json  .clasp.json  .git/  node_modules/  package.json  package-lock.json

中身はこんなんです。

appscript.json
{
  "timeZone": "America/New_York",
  "dependencies": {
  },
  "exceptionLogging": "STACKDRIVER"
}
.clasp.json
{"scriptId":"〜〜〜"}

ブラウザから見るとこうなっていました。

image.png

スクリプトを作成

お好みのエディタでスクリプトを作成します。

とりあえずこんな内容にしてみました。1

Code.js
function doGet(e) {                          
  var template = HtmlService.createTemplate('<p>Hello, <?= name ?>!</p>');                
  template.name = e.parameter.name;          

  var output = HtmlService.createHtmlOutput();                                            
  output.append(template.evaluate().getContent());                                        

  return output;                             
}

アップロード対象のファイルを設定

既定では、すべてのnode_modulesを含むすべてのファイルをアップロードしようとしてしまいます。そしてこんなエラーが起きます。

Push failed. Errors:                         
(node:15160) UnhandledPromiseRejectionWarning: TypeError: Cannot read property 'map' of undefined         

アップロード対象のファイルを明示的に.claspignoreファイルへ記載します。

.claspignore
**/**
!appsscript.json
!Code.js

書き方は.gitignoreと一緒かな?
anymatchモジュールに従います。

スクリプトをアップロード

./node_modules/.bin/clasp push

ブラウザから見ると、コードがアップロードされているはずです。

image.png

manifestファイルを更新してアップロード

Webアプリとして動かすため、manifestファイルを更新してアップロードします。

appsscript.json
{
  "timeZone": "America/New_York",
  "dependencies": {
  },
  "exceptionLogging": "STACKDRIVER",
  "webapp": {
     "access": "ANYONE_ANONYMOUS",
     "executeAs": "USER_DEPLOYING"
  }
}

"webapp"を追加して、アクセス権と実行ユーザを指定します。

設定 意味
ANYONE_ANONYMOUS Googleにログインしていない匿名ユーザでもアクセスできるようにします。
USER_DEPLOYING デプロイしたユーザとしてスクリプトを実行します。

manifestファイル全体の説明はこちら → https://developers.google.com/apps-script/concepts/manifests

アップロードします。

./node_modules/.bin/clasp push

WebアプリのURLを確認

コマンドラインからURLを確認できればよいのですが、残念ながらその機能はないようです。

ブラウザから確認します。

image.png

お試し実行

引数を付け加えてアクセスしてみます。

https://script.google.com/macros/s/AKfycbx-wruSZhrRrMWy2oADdhmUeYeTAEaMCySF2wTXRw/exec?name=Sengokyu

こんなんできました。

image.png

おしまい

お疲れ様でした。

次は開発言語をTypeScriptに変更し、テストも導入したいと思います。


  1. これはユニットテストできないお試し用コードです。真似しないでくださいね。 

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.