(無駄に大仰な)ズンドコキヨシ with AngularJS 2, Java EE 7(JAX-RS, CDI)

  • 8
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

ミニマムな方向はいろいろ出ているので、大仰な方向に走ってみました。
ズンドコキヨシまとめ

概要

AnguarJSからREST APIを叩いて「ズン」または「ドコ」の取得を繰り返し、「ズンズンズンズンドコ」が並んだら「キ・ヨ・シ!」と表示します。

仕様

サーバ側

JAX-RSリソース/webapi/zundokoへGETアクセスするとJSONが返る。

JSONの内容はこんな感じにします。

{
  zundoko: 'zun'
}

または

{
  zundoko: 'doko'
}

毎回異なる結果が返るという、全然RESTじゃない仕様 :sweat_smile:

クライアント側

zundokoディレクティブを作成する。

nミリ秒ごとにズンドコリソースへアクセスし、取得結果を表示する。

直近5つが例の並びなら「キ・ヨ・シ!」と表示する。

せっかくなのでi18n化 :wink:

プロジェクト準備~ :smile:

このプロジェクトで使うものです。

項目 使うもの
JDK Oracle JDK 8
統合開発環境 NetBeans
依存性管理/ビルドツール Maven
Javaフレームワーク Java EE 7
Java EEサーバ Glassfish 4.1.1
Javaテストツール junit、Arquillian
JavaScriptフレームワーク AngularJS 2
JavaScriptテストツール Google Chrome

プロジェクト開始〜 :smile:

mavenを使ってArquillian1のサンプルから開始

% mvn archetype:generate \
-DarchetypeArtifactId=javaee7-arquillian-archetype \
-DarchetypeGroupId=org.javaee-samples \
-DinteractiveMode=false -DgroupId=com.example -DartifactId=zundoko

テスト用embeded glassfishのポート番号を変えます。デフォルトだとバッティングすることがあるので。

src/test/resources/arquillian.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<arquillian xmlns="http://jboss.org/schema/arquillian"
            xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
            xsi:schemaLocation="
        http://jboss.org/schema/arquillian
        http://www.jboss.org/schema/arquillian/arquillian_1_0.xsd">
    <container qualifier="glassfish-embedded" default="true">
        <configuration>
            <property name="bindHttpPort">18181</property>
        </configuration>
    </container>
</arquillian>

とりあえず雛形のテストを実行してみたり。ここでエラーだと、環境的に何か足りないかもです。

% mvn -Pglassfish-embedded-arquillian test

ごいごいとサーバ側を実装

ZunDokoはEnumで

ZunとDokoはEnumにしてみました。せっかくEnumにしたので、色気も出してvalueOf(boolearn)なんてのを追加。

src/main/java/com/example/ZunDokoEnum.java
public enum ZunDokoEnum {
    zun,
    doko;

    public static ZunDokoEnum valueOf(boolean b) {
        return b ? ZunDokoEnum.zun : ZunDokoEnum.doko;
    }
}

ZunDokoインスタンス

JAX-RSから出力するクラスを作ります。

src/main/java/com/example/ZunDoko.java
public class ZunDoko {
    private ZunDokoEnum zunDoko;
    // コンストラクタやらsetterやらgetterやら
}

ZunDokoインスタンスの生成はファクトリクラスで

二分の一の確率でズン・ドコを生成するファクトリクラスを作りました。

なぜファクトリクラスを使うかといえば、ズンまたはドコを生成するという複雑なビジネスロジック :sparkles: をここへ閉じ込めるためです。

src/main/java/com/example/ZunDokoFactory.java
public class ZunDokoFactory {

    private static final ZunDokoFactory SELF = new ZunDokoFactory();
    private final Random random = new Random();

    public static ZunDoko createZunDoko() {
        return SELF.create();
    }

    private ZunDoko create() {
        return new ZunDoko(ZunDokoEnum.valueOf(random.nextBoolean()));
    }
}

テストも書きましょー。 :grin:

src/test/java/com/example/ZunDokoFactoryTest.java
public class ZunDokoFactoryTest {

    /**
     * Test of createZunDoko method, of class ZunDokoFactory.
     */
    @Test
    public void testCreateZunDoko() {
        System.out.println("===>>> createZunDoko");
        // 略
    }
}

あえてCDIを使う

ZunDokoクラスのインスタンスは、CDIを使ってクラス外から注入することにします。

インスタンス生成はファクトリクラスに任せたので、ファクトリクラスを呼ぶCDIプロデューサを作ります。

クオリファイアを作成

DIコンテナが迷わずプロデューサを使ってくれるように、目印となるクオリファイアも作ります。

src/main/java/com/example/ZunDokoQualifier.java
@Qualifier
@Retention(RUNTIME)
@Target({METHOD, FIELD, PARAMETER, TYPE})
public @interface ZunDokoQualifier {
}

プロデューサを作成

リクエストごとにズンドコインスタンスを生成するように、リクエストスコープにしてます。

src/main/java/com/example/ZunDokoProducer.java
import javax.enterprise.inject.Produces;

@RequestScoped
public class ZunDokoProducer {

    @Produces
    @ZunDokoQualifier
    public ZunDoko produceZunDoko() {
        return ZunDokoFactory.createZunDoko();
    }
}

CDIのテスト

Arquillianを使ってテストします。

リアルにJava EEサーバが立ち上がって重たいので、CDI-Unit2を使いたいところですが、依存性でArquillianと喧嘩するので混ぜないでおきます。

ArquillianではいろいろなJava EEサーバを使えます3。ここでは慣れたGlassfish embeddedを使いました。

pom.xmlglassfish-embedded-arquillianプロファイルの内容を変更します。

pom.xml
      <profile>
         <id>glassfish-embedded-arquillian</id>
         <dependencies>
            <dependency>
               <groupId>org.jboss.arquillian.container</groupId>
               <artifactId>arquillian-glassfish-embedded-3.1</artifactId>
               <version>${version.arquillian_glassfish_embedded}</version>
               <scope>test</scope>
            </dependency>
            <dependency>
                <groupId>org.glassfish.main.extras</groupId>
                <artifactId>glassfish-embedded-all</artifactId>
                <version>${version.glassfish}</version>
                <scope>test</scope>
            </dependency>
         </dependencies>
      </profile>

テストクラスを作成します。

Java EEサーバにデプロイする必要分だけwarファイルを@Deploymentアノテーションをつけたメソッドで作成します。

@Inject@ZunDokoQualifierを付けることで、プロデューサからZunDokoクラスのインスタンスが注入されます。

src/test/java/com/example/inject/ZunDokoProducerTest.java
@RunWith(Arquillian.class)
public class ZunDokoProducerTest {

    @Deployment
    public static Archive<?> createDeployment() {
        final WebArchive war = ShrinkWrap.create(WebArchive.class,
                ZunDokoProducerTest.class.getSimpleName() + ".war")
                .addClass(ZunDokoProducer.class)
                .addClass(ZunDokoFactory.class)
                .addClass(ZunDoko.class);
        return war;
    }

    @Inject
    @ZunDokoQualifier
    ZunDoko instance;

    // 略
}

JAX-RSリソースの作成

CDIコンテナにのせるために@Dependentをつけます。

src/main/java/com/example/ZunDokoResource.java
package com.example;

import javax.enterprise.context.RequestScoped;
import javax.inject.Inject;
import javax.ws.rs.GET;
import javax.ws.rs.Path;
import javax.ws.rs.Produces;
import javax.ws.rs.core.MediaType;

@Dependent
@Path("zundoko")
public class ZunDokoResource {

    @Inject
    private ZunDoko zunDoko;

    @GET
    @Produces(MediaType.APPLICATION_JSON)
    public ZunDoko getZunDoko() {
        return zunDoko;
    }
}

JAX-RSリソースのテスト

Arquillianを使います。

@Deploymentアノテーションにtestable = false引数を与えて、Webクライアントとして動作するテストにします。

setUpメソッド内でWebクライアントを初期化しています。

src/test/java/com/example/ZunDokoResourceTest.java
@RunWith(Arquillian.class)
public class ZunDokoResourceTest {

    @Deployment(testable = false)
    public static Archive<?> createDeployment() {
    // 略
    }

    @ArquillianResource
    private URI base;

    private WebTarget target;

    @Before
    public void setUp() {
        final Client client = ClientBuilder.newClient();
        target = client.target(base)
                .path("webapi")
                .register(ZunDoko.class);
    }


    @Test
    public void testGetZunDoko() {
        System.out.println("===>>> getZunDoko");
        // 略
    }
}

つづく。。。

長くなりましたので、【クライアント側編】へ続きます。

ソース全体はこちらに置いています。
https://github.com/sengokyu/zundoko


  1. ArquillianはJava EEのテストフレームワークです。実際にJava EEサーバを起動するのでちと重たい。 

  2. http://jglue.org/cdi-unit/ 

  3. 使用できるもの一覧 https://docs.jboss.org/author/display/ARQ/Container+adapters