Ruby
Rails
Windows
vagrant

rails-dev-boxでRailsの環境構築をする手順

※事前にgit for windowsをインストールしておいてください。
上記手順詳細も作成中です!

rails-dev-boxでRailsの環境構築をする手順

①homeディレクトリに移動する

$ cd

②RailsProjectsフォルダを作成する

$ mkdir RailsProjects

③RailsProjectsに移動する

$ cd RailsProjects

④rails-dev-boxをcloneする

$ git clone https://github.com/rails/rails-dev-box.git

⑤rails-dev-boxに移動する

$ cd rails-dev-box

⑥vagrant起動

$ vagrant up

⑦vagrantにssh接続する

$ vagrant ssh

⑧apt-getを最新にしておく

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install -y libreadline-dev

⑨rbenvをcloneする

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

⑩ruby-builtをcloneする

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

⑪追加したrbenvまでのパスを追加する

$ export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
$ eval "$(rbenv init -)"
$ source ~/.profile

⑫Rubyをインストールする(時間掛かる)

$ rbenv install 2.5.1

※エラー出た場合(100%FAILED出るだめ下記コマンドを⑫より先に実行)

$ sudo apt-get install -y libssl-dev

その後もう一度⑫を実行する。

⑬全体で使うRubyのバージョンを指定する

$ rbenv global 2.5.1

※プロジェクトごとに切り替えたい場合

$ rbenv local 2.5.1

⑭/vagrant(home直下のvagrantではないことに注意)に移動する

$ cd /vagrant

⑮アプリケーション用のディレクトリを作成

$ mkdir rails-app-name

⑯rails-app-name(作成したアプリケーションの名前)に移動する

$ cd rails-app-name

⑰Gemfileを作成する

$ bundle init

⑱Gemfileを編集する

gem 'rails' (#コメントアウトを消す。)

⑲bundle installを実行(Railsのインストール)する

$ bundle install --path vendor/bundle --jobs=4

⑳rails newを実行(Railsアプリを作成)する

$ bundle exec rails new -B -f -d mysql --skip-turbolinks --skip-test .

※オプション意味わからないとき

$ bundle exec rails new -h

㉑bundle installを実行(2回目)する

$ bundle install --jobs=4

㉒config/database.ymlを編集する

password: root

㉓DBを作成する

$ bundle exec rails db:create

㉔サーバーを立ち上げる

$ bundle exec rails s

以上、railsコマンドにはbundle execを忘れないこと。