Help us understand the problem. What is going on with this article?

私の知っている静岡中部のIT勉強会

この記事は静岡アドベントカレンダー11日目の記事です。

あのクリスマスを心待ちにしながらめくるカレンダーに自分が参加することになるとは思っていませんでしたが、
静岡中部のIT勉強会について書け。と言われた気がした書いていきたいと思います。

私と静岡中部のIT勉強会の関係

私は社会人3年目のときに静岡にある創業間もないIT会社を手伝わせてもらうことになり静岡に住むことになりました。その後創業して現在に至ります。もう20年弱も静岡にいるので、静岡の人間だと思っている人が多いです。昨日同い年の別の業界の人と飯を食ってたら、もう静岡っしょ!?って言われました。

創業した頃から静岡のITがどのように盛り上がればいいのか?みたいなことを考えていました。その頃にIT勉強会ブームが起こり「静岡にIT勉強会なんでないの?」とTwitterでつぶやいたら「自分でつくりゃいいじゃん」と言われて、そりゃそうだ。って感じで立ち上げます。

当時こんな感じです。

これが10年前ですか。立ち上げたのは「エンジニア◎リング」という勉強会で、平日開催にして、飲食店で話題を持ち寄って話す勉強会を開催していました。なんとなく残業が蔓延してたので「俺、勉強会行くから」と言って早めに帰って勉強する。みたいな場所が作れたら。と考えてました。現在でも理想とするのは平日の夜に行ける勉強会ですが、静岡では人数が集まらないので大変だと思います。

当時の勉強会

私が最初に行ったのが多分「静岡ITPro勉強会」にかな?それと「静岡Developers勉強会」に顔を出してました。去年、、、かな?久しぶりにITProが動いたので嬉しかったです。

TalkNoteという名の勉強会、CSSNite in Shizuoka、Knock!Knock!などもこの頃かな?Knock!Knock!の主催の方は長いこと静岡のIT勉強会をまとめてくれているので、静岡のIT勉強会に興味ある方は参考にされた方がいいかも。

https://studymeeting.hamnaly.com/

多分その辺りの時に「静岡javaScript勉強会(現Shizuoka.js)」が開かれます。登壇した時に嬉しそうな目で質問をしてきたのが「shizuoka.phpやるやる詐欺」で有名だった(やっと今年実現させた)主催者になります。

その頃にあった知る人の少ない勉強会「静岡Webデベロッパーフォーラム飲み会」が大変勉強になったのを覚えています。前述の登壇した資料もここでレビューしてもらいました。・・・今思い出すだけで名称がうさんくさくていいですね。

クラウドとの出会い

「GoogleAppEngine」が始まりにわかにクラウドの足音が聞こえてきます。静岡の勉強会ではないですが「AppEngine ja night」で技術者が様々な問題に取り組んで行く姿にすごく技術の可能性を感じたのを覚えています。

そういう勉強会を静岡でできないかなぁというときに「静岡クラウドカンファレンス」の裏方として開催のお手伝い、協賛をさせてもらいました。GAE(GCPはその後)、AWS、Azureの登壇者を集めて開催させてもらいました。まぁ今となってはクラウドのお世話になってない方が少なくなってしまった位、バズワードを超えてしまいましたが当時はなにそれおいしいの?位だったんじゃないかな?

AppEngine ja nightで登壇されていた方を呼んで懇親会で「G+のEditのAPIいつ出るんすか!?」って聞いてた記憶があります。多分当時はC#6.0位かな?に感動して、WindowsPhoneでG+のアプリを作ってた頃だと思います。

まぁなんやかんやありまして、私はこの頃にIT業界から一度退くことになります。

僕らの言語間戦争

一旦バーテンダーになります。Shizuoka.jsの主催者が未だに「店長」と呼ぶのはその為です。
少しITとは距離を置こうと考えていたのですが、当時は浜松にはRuby、中部にはPython、東部にはHaskellがいて、なんかプロレスみたいに盛り上がらないかな?と思ってその時出会ったGoで、現在もやっている「Shizuoka.go」を立ち上げさせてもらいます。

当時忘年会で「来年Goで静岡の均衡を崩す!」みたいな感じでタンカを切ったら、Shizuoka.pyの主催の方がかっこいいスライドを作ってくれました。

https://www.slideshare.net/KazufumiOhkawa/ss-42415176

先日は憧れの「三島Haskell無名関数の会(現shizuoka.hs)」にもなんとかLT登壇させていただけたし、懇親会でも言っていたと思いますが、東にHaskellが居てくれている感じがすごく好きです。

まぁ酒作っていてもコード書いてる位だから、やっぱコンピューティングとは離れられない。と思って現在は業界に復帰しています。

これからの静岡のIT勉強会

先日Shizuoka.goにもShizuoka.hsにも学生さんがいらっしゃいました。
オッサンはやっぱ若い子が出てきてくれるのが嬉しいですね。

昔にこんなことを言っています。

今では静岡にもある程度IT勉強会があり、昔に比べると勉強できる機会は増えてるんじゃないかな?と思っています。今年年末に向けて立て続けに言語勉強会があったことが、すごく言語戦争のことを思い出せてよかったです。またプロレスをやりたくなってきたので、少し大きなやつを久々にやろうかな?と考えています。まだ構想中ですのでしばしお待ち下さい。

IT勉強会はもちろん勉強になるのが一番だとは思いますが、それぞれがなにかを考えるきっかけになればな?と常々思っていて、私は勉強会で開発者のかっこよさを見させてもらい今に至ります。私はそれにはなれていませんが、主催者の思いや参加する人の捉え方などで変わると思いますんで、参加したりすると静岡にこういう開発者や会社があるとかもわかるので楽しいと思います。思い切って主催してみるのも楽しいかもですよ。

まぁ若い子達のITを知る一つの場所になれたらなとオッサンは思う次第です。

最後に

このコードをGoのPlaygroundに書いて、ポエムに返させていただきます。

https://play.golang.org/p/291lRYRLvvn

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away