HTTP
PHP5.4
mvc
crud
laravel5.5

クラッドって何?CRUD?HTTPの基礎らしい。

備忘録 MVC→CRUDを意識しながらのLaravel5.5

23633472_10100245721674336_247375963_o.jpg

クラッドとはGoogle検索一番トップにくるクラッド材ではなく、Wikipediaで見られるCRUDのようだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/CRUD

名前 操作 SQL
Create 生成 INSERT
Read 読み取り SELECT
Update 更新 UPDATE
Delete 削除 DELETE

Webの基礎で、常に上記を意識しながら作るのが定石。

Laravel(5.5)だと7つのリソースコントローラに分かれる。

動詞 URI アクション ルート名
GET /photos index photos.index
GET /photos/create index photos.index
POST /photos store photos.create
GET /photos/{photo} show photos.show
GET /photos/{photo}/edit show photos.show
PUT/PATCH /photos/{photo} update photos.update
DELETE /photos/{photo} destroy photos.destroy

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/controllers.html

ウェブサービスを作るにあたって、Adobe XD(or Sketch)で画面決めて、先行してHTML+CSSを用意してからの実装を進めているので、ずっと、コントローラーばっかり作ることになっている。

Model-View-Controller

「Webサービスのプログラミングってほぼコントローラー作ってる」ってエンジニアが言っていたが、Model-View-ControllerのViewができているからControllerを作っているのが多くなるのは当たり前か。

Modelと1対1になっていないからコントローラーのコードが汚くなるとエンジニアがボソッと言っていたのが非常に気になるが、7つのリソースコントローラー見ながら、

php artisan route:list

してルート確認しながら四苦八苦する。