Ag_smith posted at Dec 02, 2018

アミノ酸配列のみからタンパク質構造のコンタクトマップを予想するCCMPredプログラムの利用法

Introduction タンパク質のコンタクトマップ とは、タンパク質が折り畳まれていったときに、どのアミノ酸残基とどのアミノ酸とが近くなったかという距離の情報を2次元マップで表したものです。...
  • 4
daddygongon posted at Dec 12, 2018

numo-linalgをmacで動かしてみた

Ruby で数値計算をするのは環境構築がしんどそう. numo/narrayがいい感じになっているので,linalgを入れようとしたんですが... load error 2.4.0でrequir...
  • 1
wonderrobo posted at Dec 07, 2018

[帳票編]印刷サイズ

印刷サイズの利用方法についての例 メソッド:setScale(),setFitWidth(),setFitHeight(),setLandscape(),setPaperSize() ステップ1...
  • 0
wonderrobo posted at Dec 07, 2018

[帳票編]印刷余白

印刷余白の利用方法についての例 メソッド: setMargin(),setMarginLeft(),setMarginRight(),setMarginBottom(), setMarginTo...
  • 0
wonderrobo posted at Dec 07, 2018

[帳票編]エラーメッセージの設定

エラーメッセージの設定の利用方法についての例 メソッド:setErrorMsg() ステップ1:テーブルと画面の作成 ステップ2:帳票テンプレートの作成 ステップ3:関数を新規作成 ステップ4:...
  • 0
wonderrobo posted at Dec 07, 2018

[帳票編]出力ファイル名の指定

出力ファイル名の指定の利用方法についての例 メソッド:setFileName() ステップ1:テーブルと画面の作成 ステップ2:帳票テンプレートの作成 ステップ3:関数を新規作成 ステップ4:印...
  • 0
wonderrobo posted at Dec 07, 2018

[帳票編]印刷動作へBreak文を設定

Break文の設定方法についての例 メソッド:addItemBreak() ステップ1:テーブルと画面の作成 ステップ2:帳票テンプレートの作成 ステップ3:関数を新規作成 ステップ4:印刷結果...
  • 0
wonderrobo posted at Dec 07, 2018

[帳票編]データ出力の繰り返し範囲の指定

データ出力の繰り返し範囲の指定の利用方法についての例 メソッド:setRepeatArea() ステップ1:テーブルと画面の作成 ステップ2:帳票テンプレートの作成 ステップ3:関数を新規作成 ...
  • 0
dwarfJP posted at Dec 10, 2018

トランスコンパイラ LuneScript 入門 - import/provide 編

今回は LuneScript のモジュール管理について説明します。 モジュール LuneScript のモジュール管理は、基本的に Lua と同じです。 Lua との違いを、次に挙げます。 特に...
  • 0
kinchiki posted at Dec 05, 2018

git push -u origin branch_name を楽にする

はじめに この記事はLinkbal Advent Calendar 2018の5日目の記事です。昨日は、私がリンクバルで一番プログラミングできると思っている方のletをconstにできるケース(...
Search syntax
title:Git
Containing "Git" in title
body:Ruby
Containing "Ruby" in body
code:function
Containing "function" in code
tag:Rails
Tagged with "Rails"
user:qiita
Created by qiita
stocks:>3
more than 3 stocked
created:>2019-08-19
Created after 2019-08-19
updated:>2019-08
Updated after 2019-08-01
-tag:Ruby
Not containing "tag:Ruby"
Ruby OR Rails
Containing "Ruby" or "Rails"