Help us understand the problem. What is going on with this article?

ミジンコでもわかるWebサイトの作り方

はじめに

この記事はサイトを作る方法をめちゃくちゃ簡単にざっくりと解説します。

1Webサーバーの用意

なんでもいいのでWebサーバーを契約します。レンタルサーバーはいろんなのがありますが、有事の際を考えて有名どころがいいでしょう。契約したらサーバーの情報で「ネームサーバー」って言う項目があるはずなので、全てメモっておきましょう。

2ドメインの用意

ドメインを用意します。こちらも無難に有名どころのを購入しましょう。レンタルサーバーにドメインが無料で買えるサービスがついてう場合はそちらを利用しましょう。

3Webサーバーとドメインを連携

筆者はドメインはfreenomを利用したのでfreenomの方法を紹介します。購入したドメインの設定からネームサーバーを追加します。レンタルサーバーのサーバー情報に書いてあるネームサーバー(筆者の場合3つありました。)を入力します。

4Webサーバーとドメインを連携その2

次にWebサーバーの方にいきます。筆者はスターサーバーを利用して言うのでそちらの方法を紹介します。ドメイン設定から他社管理のドメインを追加を押します(Webサーバーにドメインが付いてくるタイプの場合はこの項目があります。)購入したドメインを入力し、認証方法を選択します。Whois認証が無難だと思います。

5SSL設定

無事連携ができたら、今度はSSL設定をします。(ブラウザにこのサイトは安全ですよっていう証明書を渡したり、データの受送信を暗号化する設定です。)筆者の利用しているスターサーバーでは独自のSSL設定があるのでそちらを利用します。忘れていて申し訳ありませんが、Gなんちゃら設定をオンにして、都市はデフォルトのままで入力します。

6FTP設定

今度はサーバーをいじるためのFTPソフトと連携します。Webサーバーのドメイン連携時などに、「FTPユーザー名」「FTPパスワード」「FTPホスト」の3つの情報が表示されるのでメモってください。(ない場合はFTPアカウントをWebサーバーの設定から自分で作成する必要があります。)
FTPクライアントソフトを用意します。こちらは自分の好きなもので構いません筆者はFFFTPを利用しましたのでそちらの方法を紹介します。
FTPクライアントソフトのインストールが終了したら、接続画面に推移すると思います。(しない場合は自分で接続というボタンを押します。)そこで、先程の「FTPユーザー名」「FTPパスワード」「FTPホスト」を入力します。(それ以外の項目は入力しなくて大丈夫です。)接続を押して接続します。

7FTPクライアントの使い方

基本は、自分のPCのファイルに画面と、サーバーのファイルの画面があると思います。自分のPCにHTMLなりCSSなりWebサイトを作るのに必要なファイルを用意して、ドラッグ&ドロップでサーバーにアップロードするという形です。

8HTMLとCSS

Webサイトは、HTMLという土台と、CSSという装飾で浮くります。(JavaScriptを使って動きをつけたりもします。)HTMLもCSSも簡単ですので、自分で調べて学んでみましょう。HTMLとCSSが苦手なら、WordpressといったCMSを利用しましょう。

最後に

以上がざっくりとしたWebサイトの作り方です。Webサイトを作るには以下のものが必要となります。
・PC
・Webサーバー
・ドメイン
・SSL(設定)
・FTPクライアントソフト
・HTMLとCSSの知識 or WordpressといったCMS

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした