ShellScript
Linux

空ファイルの生成例

簡単に使える

:> file

顔文字みたいでかわいい。

> file

一部環境では使えないらしい。

touch file

オプションをつけるとアクセス時間(-a)と修正時刻(-m)を変更できる。

空文字をファイルに書き込む(一部)

cat > file
# 上記実行後 Ctrl+C

Enterで改行してからCtrl+Cで改行文字入りのファイルができる。(WindowsとLinuxで改行コードが違うので注意)

echo -n > file

-nをつけると最終行の改行を消してくれる。つけないと改行入りファイルができる。

/dev/nullをファイルに書き込む(一部)

cp /dev/null file
cat /dev/null > file
echo /dev/null > file

nullファイルを書き込むため、0バイトファイルができる。