Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJの使い方

More than 1 year has passed since last update.

購入したので、使い方をメモしていきます。
随時更新します。
(ruby,php,javascriptで利用)

2016/04/18時点で和書は存在しない模様
(´-`).。oO(兄貴)

追記: 出ました

画面を分割

参考記事

画面分割の基本

メニューバーの「Window > Editor Tabs」内にある「Split Vertically」と「Split Horizontally」で縦横に分割出来ます。

  • 「Split Vertically」で縦分割
  • 「Split Horizontally」で横分割

画面分割その他

メニューバーの「Window > Editor Tabs」内には、分割に関わるその他のコマンドもあります。それぞれ、
「Change Splitter Orientation」で分割の方向を縦/横に変更

  • 「Un split」でアクティブなエディタタブ(ウィンドウ)の分割を解除
  • 「Un split All」で全てのエディタタブの分割を解除
  • 「Goto Next Splitter」で次のエディタタブをアクティブに
  • 「Goto Previous Splitter」で前のエディタタブをアクティブに

ちなみに、cmd + shift + aでIntelliJのアクションにアクセスできます。
cmd + shift + a でアクション検索窓を開いて splitとか入力すると画面分割にアクセスできます。

Git、LocalHistory

参考記事

LocalHistoryに感動

Gitの場合、diffの比較を行うときは対象のリビジョンを2つ選択してクリック->差分を表示、という流れかと思います。
LocalHistoryの場合、対象ファイル上で右クリック->Local History -> Show Historyで出てきた該当ファイルの変更履歴一覧を「カーソルを移動するだけで」差分を確認することが出来ます。

IDE使うのが初めてだからかもしれませんが、そこそこの時間短縮、なによりサクサク確認できるのでストレスがありません。
(Netbeans使ってる人も同じような事やってた気がする)

なお、LocalHistoryはGitではなくIDEの機能なため、変更履歴の単位がステージングやコミットではなく、もっと細かいです(雑ですみません)

PutLabel

LocalHistoryの機能ですが、前述の通り変更単位が細かすぎて、目的の変更履歴にたどり着くのが至難の技状態です。

そんなときは、対象ファイル上で右クリック->Local History -> Put Labelで現在の変更履歴位置に「ラベル」を付けられます。

こんな感じ↓ (test,test2がラベルです)
スクリーンショット 2016-04-19 22.50.34.png

初期設定

参考記事①
参考記事②(AndroidStudio)

基本的には、Preferenceの左上検索窓で探せば見つかる。
cmd + ,でPreference起動

共通

  • 行番号を表示
    preference -> Editor -> General -> Appearance -> Show line numbers
  • 空白を可視化
    preference -> Editor -> General -> Appearance -> Show whitespaces
  • メソッドセパレータを表示(メソッドの境界線)
    preference -> Editor -> General -> Appearance -> Show method separators
  • インデントの補助線
    preference -> Editor -> General -> Appearance -> Show vertical indent guides
  • 1行の最大文字数を変更(リーダブルコードでは80文字を推奨しているが、デフォルトは120文字)
    preference -> Editor -> CodeStyle -> Default Options -> Right margin columns
  • 範囲選択している際に、クォーテーションで囲う(SublimeText使いは必見)
    preference -> Editor -> General -> Smart Keys -> Surround selection on typing quote or brace
  • tabのファイル拡張子を非表示(要らないかも)
    preference -> Editor -> General -> Editor Tabs -> Hide file extension in editor tabs
  • tabに編集したかアイコン表示(要らないかも)
    preference -> Editor -> General -> Editor Tabs ->Mark modified tabs with asterisk

Javascript

今のところ、下記項目をカスタマイズ

  • ES6の構文サポートを有効にする(嬉C)
    preference -> Languages&Frameworks -> JavaScript -> JavaScript Language VersionからECMAScript 6を選択
  • タブ・インデント系(Airbnbに習い2スペースに設定)
    preference -> Editor -> CodeStyle -> Javascript -> Tabs and indents
  • 最大の改行数(デフォルトは2だが、1に修正)
    preference -> Editor -> CodeStyle -> Javascript -> Blank Lines

ちなみに、下記から設定をxmlなどの形式でエクスポート・インポート出来る。
preference -> Editor -> CodeStyle -> Javascript -> Manage

ショートカット

参考記事1
参考記事2

検索系

  • 何でも検索
    shift * 2
  • 最近開いたファイル
    cmd + e
  • IntteliJのアクション検索(メニューとかにあるアクションにアクセス) cmd + shit + a

移動系

  • 選択行の上下移動
    opt + shift + ↑ or ↓
  • タブの移動
    cmd + shift + [ or ]
  • エディタ内ウィンドウ移動
    opt + tab
  • エディタ内の上下移動
    fn + ↑ or ↓
  • 行移動
    cmd + lで行番号指定
  • 宣言にジャンプ
    cmd + b
  • クラスにジャンプ
    cmd + opt + b
  • 変数が利用されている箇所にジャンプ
    cmd + opt + fn + f7
  • クラス、メソッド、関数の情報を表示
    該当コード上にcmdを押しながらカーソルを合わせる

編集系

  • インデントを下げる
    tab
  • インデントを上げる
    shift + tab
  • 行の複製
    cmd + d
  • 新しい行の追加
    shift + return
  • 処理を戻す
    cmd + z
  • 処理を進める(戻すのを戻す)
    cmd + shift + z
  • コードフォーマット
    cmd + opt + l
  • 現在いるステートメントを最適化
    cmd + shift + return
  • インデントを正しい位置に修正
    ctrl + opt + i
  • クイック編集(解決方法の提供箇所)
    opt + return
  • 変数・関数のリネーム
    shift + fn + f6
  • 宣言を作成
    cmd + opt + v
  • 関数・メソッドに切り出す
    cmd + opt m
  • クリップボード履歴から貼付け
    cmd + shift + v
  • 選択範囲を制御構文で囲む(tagやifなど)
    cmd + opt +t
  • テンプレートを入力
    cmd + j
  • //コメントアウト
    cmd + /
  • /**/コメントアウト
    ctrl + shift + /

選択系

  • マルチカーソル
    ctrl + g
  • カーソルのある行を選択(もっと適切なやつあるかも)
    opt + ↑
  • 選択範囲の拡大、縮小
    opt + ↑ or ↓

その他

  • 問題の解決策を表示
    opt + return
  • クラスの継承関係を参照
    cmd + h
  • メソッドのオーバーライド状況など
    cmd + opt + h
  • プロジェクトツリーを展開
    cmd + 1(エディタに戻るときはesc)
  • ストラクチャツリーを展開
    cmd + 7
  • 開くブラウザの選択
    opt + fn + f2
  • ファイル/ディレクトリ作成
    1. cmd + 1でプロジェクトツリーに移動
    2. 該当箇所にハイライトを合わせてcmd + nでアクション選択
  • フォントの拡大縮小
    Macの場合は2本指でピンチするだけ
satotaka
普段はRails x Reactを使っています。 alexaでスマートホーム化することにはまっています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away