Help us understand the problem. What is going on with this article?

私の現場での試行錯誤後のiOS開発方針

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

発表用メモです。

発表後、しばらくして消すかもしれません!
※ 追記:
誰かの参考になるかもしれませんので残しておきます。
また「これがベストプラクティス!」と考えている訳ではないですよー
あくまで現場での方針のいちサンプルとして見てください。

決断の積み重ね。
それはBad Know-how?それとも最適化した結果?

前提:

 iOSアプリプログラマ4人。
 iPadアプリのプロダクト3個。
 MRC(メモリマニュアル管理)の頃から継続開発。

本題:

チームでの方針:
1. 画面生成、コントロール生成、画面遷移はコードで行う
2. Storyboard使用しない
3. SizeClass使用しない
4. AutoLayout使用
5. オープンソース使用は控えめで、直接プロジェクトに追加
6. 基本的にviewDidLoadで画面レイアウト生成
7. 表示更新用メソッドを用意しそれを使用
8. 重い画面はviewDidAppearで(初回時のみ)レイアウト生成

※ 追記
発表後アドバイス受けました!
あらためて整理し考えなおしたら、8はやる必要なくてviewDidLoadで遅延実行の方が良いですね。
改善していきます!ありがとうございます。

※ 追記
オープンソース使用時はCocoaPods等パッケージマネージャを使うべきです。

某大手iOS開発会社のデザイナ兼エンジニアにヒアリング

・Storyboard、Xib使用
・SizeClass 使用していない
・AutoLayout ヘビーに使用している
・StoryBoardは1〜3画面につき1ファイル 厳密に決めていない
・コードでの画面系制御は本当に必要最低限にする

蛇足:

・正直に言うとdidReceiveMemoryWarningをきっちり実装した試しがない
・個人で作る場合、Storyboard使用するが"画面の器の置き場"
・個人で作る場合、CocoaPods経由でオープンソース使い倒し
・コードで画面コントロール生成することに対して全面賛成ではない
・SVProgressでロード中操作制御
・NSNotificationは使わない
・UIView、UIViewControllerの継承は控えめに

現在アプリ1つで40画面ほど。
継承している画面もあるが、手を入れる時に気が重くなる。

satoshi0212
カリフォルニア州立大学コンピュータサイエンス学部卒業。 都内IT系開発会社で勤務後フリーエンジニアになり、バンド活動、動画イベント主催など。その後再びIT系開発会社に就職。365日iOSアプリ開発しています。
cyberagent
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
http://www.cyberagent.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした