Edited at

OSSの継続性を推測する基準の例


はじめに

みなさんは自分が欲しい機能を持ったOSSを見つけたものの「使っているうちに開発が止まったりしないだろうか」と思ったことはないでしょうか。あるいは似たような複数のOSSのうちのどれを採用するかという選択を迫られて悩んだ経験はないでしょうか。筆者はどちらもよくあります。本記事はこのようなときOSSの継続性が高いかどうか(言い方を変えると今後も開発が続きそうかどうか)を推測するための筆者の基準についていくつか紹介します。題材とするのはgolangのデバッガとして知られる二つのソフトウェア、delvegodebugです。

delveとgodebugはそれぞれ2014年5月と2015年という比較的近い時期に誕生した(initial commitされた)、golangで作られたプログラムのデバッガです。ソースコードの規模も数千行と、それほど違いはありません。現在前者は勢いよく開発中、後者はREADMEに「非推奨。今後開発は続かないからかわりにdelveを使ってね(意訳)」と書いてあるという違いがあります。これから両者のgitリポジトリから得られる情報をもとに、それぞれが誕生してから現在までにどのように変化してきたのかを紹介しつつ、上記の基準を紹介いたします。


コミット数の推移

OSSの勢いを測る指標のひとつにコミット数の推移があります。単に絶対数というわけではなく推移というのがポイントです。

delveがinitial commitされた2014年5月から2018年8月までの2つのプロジェクトのコミット数の推移を次に示します。

chart (6).png

delveは誕生時から現在にかけて開発が絶え間なく続いていることがわかります。このようなOSSは継続性が高いと期待できるため、採用しやすいと筆者は考えています。

godebugについては誕生から数か月間は一時的にdelveよりもコミット数が多いことがありましたが、すぐ順番が入れ替わってからその後は勢いを取り戻すことはなく2015年の後半以降はほぼ開店休業状態になってしまいました。このようなOSSを選ぶのは今後の機能追加もバグ修正も期待できないため、採用するリスクが高いです。実際に、久しぶりにコミットした2017年には上記のREADMEの「delveを使ってね」という文言を追加しています。

なおコミット数はあくまで目安なので、複数のOSSから1つを選択する場合にコミット数の多少の違いを気にして「このOSSが一番コミット数多いので採用!」とするのは早急です。とくに2つのソフトウェアのソース規模が違う場合はコミット数を単純比較しても意味がないです。


コミッタ数の推移

コミット数だけではなくOSSの開発にかかわっているコミッタ数の推移も重要な指標です。以下にコミット数の推移と同期間におけるそれぞれのOSSについてのコミッタ数を示します。

chart (7).png

delveは定期的に複数人がコミットしているのに対してgodebugはオリジナル作者がほとんど一人で頑張っているということがわかります。一人での開発はどうしても多人数開発の場合に比べて人的資源の問題で開発速度が遅くなりがちです。さらに作者が飽きたり、あるいは他のことで忙しくなるなどの理由によって開発を継続できなくなると、そのOSSの開発そのものが止まる可能性もあります。仮にコミット数が多くてもコミッタ数が少ないOSSは相対的に将来開発を継続できなくなるリスクが高いと筆者は考えます。


その他の観点

delveやgodebugは該当しませんが、大手の会社が資本を投入しているか、開発に参加しているか(コミッタのメールアドレスを見ればわかる)」というのも継続性を推測するのに重要な要素です。他にもいろいろあるのですが、全部書いていたらきりがないのでこのあたりでやめておきます。


おわりに

本記事を通じて「OSSの継続性を推測するにはこういう観点があるのか」ということがなんとなくわかっていただければ幸いです。

なお、ここまで主にユーザからの視点で記載してきましたが、自分が使いたいOSSの開発を継続するためにはみなさん自身ができる範囲でいいのでそのOSSのコミュニティになんらかの貢献(issueの発行、コードやドキュメントの提供)をするのがとても重要です。実際に、重要かつユーザが多いものの資金難や開発者が少ないことによって継続の危機にあるOSSはいくつもあります。