Help us understand the problem. What is going on with this article?

超簡単にhotelとmkcertでローカルでSSLで開発できるようにする

  • hotelを使ってローカルドメインで開発は便利(案件を複数抱えてる時など)
  • hotel付属の証明書でSSL通信はできるが、ブラウザのセキュリティ警告が邪魔。特にAPI通信などは其のために1回画面の無いAPIエンドポイントをブラウザで開くなどしていた、、。

ということを踏まえて、いい加減ちゃんとローカルでもSSLで開発できるようにしなきゃなぁと思って簡単にできるツール無いかなと探したらmkcertというものがあることを発見。以下その時のメモ。

※ hotelはnodejsで動くproxyです。詳細は、https://github.com/typicode/hotel

mkcertインストールと証明書の作成

https://github.com/FiloSottile/mkcert

このgithubにある手順を参考にインストール。私はUbuntuなのでソースからビルドしましたがMacならbrewでいけるようです。LinuxBrewなんてものがあるのを初めて知りましたがあまり必要になることもなさそうなので今回はやめておきました。

インストール後に、

$ mkcert -install

で、ローカル認証局を作成。

次に必要な分だけドメインを指定して証明書を作成。私はhotelの設定ファイルでtldをdevelopにしているので、こんな感じになります。

cd ~/.hotel

$ mkcert \
  -cert-file=cert.pem \
  -key-file=key.pem \
  pop-os \
  *.project1.develop \
  *.project2.develop \
  *.project3.develop

hotel用の証明書を作るので、~/.hotel に移動してから、hotelが使用する名前で証明書ファイルを作成します。

これでhotelを再起動。

$ hotel stop && hotel start

これでローカルでも開発段階から独自ドメイン&SSLで開発できます。hotelはほんとに便利で重宝していたのですが、mkcertも楽でいいですね。証明書作るコマンドとかいちいち憶えてないし、、、。

Screenshot from 2020-08-30 19-03-02.png

sathoshi-metal
フリーランス。 ベルギービール、ジョギング、コーディング。 ここ数年はC#, Ruby, TypeScript, ReactJS。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした