Linux
Ubuntu
LinuxDay 15

Ubuntuで最新バージョンの諸々をインストールする

Ubuntuのパッケージ管理ツールと言えばapt-getですが、リポジトリの更新がされていない(?)関係上たまに最新のソフトウェアを入れようとしても入らない場合があります。そこで、最新のソフトウェアを入れる方法をソフトウェア別に見ていこうと思います!
gitとかからソース落として来てビルドすればよくない?

本題

Ruby

入れようとしたのがだいぶ前なのでアレですが、確かapt-getで入れようとするとバージョン2.3とかそこらでした。微妙に古いですね・・・(この記事を書いているときで最新バージョンが2.4代)

パターン1 rbenvを入れる

手っ取り早くrubyのバージョン管理ツールであるrbenvを使います。Rubyのバージョンも切り替えられるのでいいですね!
rbenvapt-getで入れてしまうと最新のRubyが入らないという悲しみにぶつかるのでgitからサクッと入れます。早速前提を無視している気がする

前提

  • gitbuild-essentialが入っていること。

インストール

(rootでログインしていること)
$ cd /usr/local/
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git .rbenv/plugins/ruby-build

インストールはここまでで終わりなのでPATHを通すなどします。

各々のユーザ
echo 'export RBENV_ROOT=/usr/local/.rbenv\nexport PATH="/usr/local/.rbenv/bin:$PATH"\neval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

ホームディレクトリに.rbenvを置いていないのでRBENV_ROOTで場所を明記します。

あとは使うバージョンのRubyをインストールします。

$ rbenv install 2.4.0
$ rbenv global 2.4.0
$ rbenv rehash

パターン2 リポジトリの追加

こちらの方が手間暇かけずに済みます。

$ apt-get -y install software-properties-common 
$ apt-add-repository ppa:brightbox/ruby-ng 
$ apt-get -y install ruby2.4

Apache2

普段はあまりバージョン気にしませんが、http2とか使おうとするとapt-getではバージョンが間に合いません。

インストール方法

$ export LANG=C.UTF-8 # 自分の環境では、これがないとコンパイルに失敗した
$ apt-get install software-properties-common python-software-properties
$ add-apt-repository ppa:ondrej/apache2
$ apt-get update