Help us understand the problem. What is going on with this article?

Git ターミナルでの操作コマンドのまとめ②

はじめに

Gitでの基礎的なコマンド(init clone add commit push pull)の理解はできました。
なので今回はlog status diff branch merge fetch について学習したことをまとめていきます。

logについて

$ git log xxxx

commit 0e532b7a21076a6c7201d95a244e720de91727a3 (HEAD -> master, origin/master, origin/HEAD)
Author: xxxx-xxxxxxxx <xxxxxxx@gmail.com>
Date:   Tue Feb 18 18:01:02 2020 +0900

    コメント内容

リポジトリにコミットした履歴を確認できます。
logから出る時はqを押します。

statusについて

$ git status

On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

nothing to commit, working tree clean

追加/変更されたファイルの情報を表示します。
何もない場合は上記のような表示になります。

diffについて

$ git diff xxxx

特定のファイルの何処を編集したのか知りたい場合加えられた変更を確認します。

branchについて

$ git branch xxxx

新たなブランチを作成します。
因みにブランチの切り替えはgit checkout xxxxで行います。

mergeについて

$ git merge xxxx

現在作業しているブランチに、別のブランチで行われた変更点を反映させます。

fetchについて

$ git fetch 

リポジトリの更新内容を、自分の開発環境に取り入れる。
※pullとは別物の概念。

おわりに

最初はターミナルでの操作は難しいと感じるところはありましたが、何度も繰り返し学習していると慣れてきました。
そのほかには、下記の参考サイトなどの記事を見て概念を理解することでより一層理解しやすいところがありました。

参考サイトの一覧

「【Git入門】branchを指定してcloneする方法をわかりやすく解説」
https://www.sejuku.net/blog/71801

「はじめてのGit!git statusで変更内容を確認する方法」
https://www.sejuku.net/blog/71857

「過去のファイルと比較しよう! git-diffの使い方を解説」
https://www.sejuku.net/blog/70946

「git mergeでブランチをマージしよう!いろんな疑問を徹底解説」
https://www.sejuku.net/blog/71003

「共同開発の第一歩!git fetchを正しく理解しよう!」
https://www.sejuku.net/blog/71164

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした