Help us understand the problem. What is going on with this article?

EC2にFTP接続する環境構築手順

More than 3 years have passed since last update.

概要

EC2の/var/www/SampleApp配下にFTPでファイルをアップロードできるようにする。

  • vsftpdのインストール
  • ユーザーの作成
  • EC2の設定

vsftpdのインストール

▼vsftpdインストールします

sudo yum -y install vsftpd

▼設定ファイルの最後に追記します

/etc/vsftpd/vsftpd.conf
pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=NO
pasv_enable=YES
pasv_address=EC2の固定IP
pasv_min_port=60001
pasv_max_port=60010
force_dot_files=YES
use_localtime=YES

IP制限はEC2のセキュリティグループで設定するのでtcp_wrappersNOにします。

▼ユーザーごとにルートディレクトリを設定します

/etc/vsftpd/vsftpd.conf
// 以下の3行のコメントアウトを外す
chroot_local_user=NO
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

// 以下の1行を追加
user_config_dir=/etc/vsftpd/user_conf

このユーザーではルートディレクトリを個別に設定したいよっていうのを記述するファイルが /etc/vsftpd/chroot_list になります。デフォルトでないっぽいので作ります。

mkdir /etc/vsftpd/chroot_list
/etc/vsftpd/chroot_list
ftp-user

今回はftp-userというユーザーでFTP接続することにします。

ルートディレクトリを指定するファイルの置き場所が/etc/vsftpd/user_confになります。作ります。

mkdir /etc/vsftpd/user_conf

ftp-userのルートを指定するファイルを作ります。

mkdir /etc/vsftpd/user_conf/ftp-user
/etc/vsftpd/user_conf/ftp-user
local_root=/var/www/SampleApp

ユーザーの作成

▼FTP用のユーザーを作成します

useradd ftp-user
passwd ftp-user
パスワード設定
chown ftp-user /var/www/SampleApp
chmod 755 /var/www/SampleApp

EC2の設定

▼FTPのポートを開けます

EC2のインバウンドにTCPで21, 60001-60010を許可します。


以上です。
ご査収ください。

sakuraya
株式会社ITMONOで執行役員CTOをしています。 転職活動中です。 はてブ:https://bluepixel.hatenablog.com/ Twitter: https://twitter.com/itmono_sakuraya
https://note.mu/bluepixel
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした