Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hands-On Machine Learning with Weka - Introduction

はじめに

DX (デジタルトランスフォーメーション)という言葉が騒がれ始めて、今の環境がどう変わるんだろうと少しドキドキしているミドルマネージャーが、 DX 時代のマネジメントを実践できるようになるべく、 AI について一から勉強したことをアウトプットしていきます。
習うより慣れろの精神で、とりあえず飛びついたのが OSS の Weka 。 Hands-on Machine Learning with Weka では、インストールから機械学習にチャレンジするまで、実際に Weka を触ってみた軌跡を載せられればと思っています。

ここで目指すゴール

  • Weka をインストールして、起動してみる。

Weka とは

Weka は、ニュージーランドのワイトカ大学が開発した機械学習のためのオープンソースソフトウェアです。 GPL でライセンスされています。
プログラミングの知識がなくても、機械学習を実践することができます。

Weka のバージョンについて

最新の安定版バージョンや開発版バージョンは Weka Wiki で確認することができます。
2020/03 現在の最新の安定版バージョンは 3.8.4 、開発版バージョンは 3.9.4 です。
ここでは 3.9.4 を使用します。

Weka のインストール

Windows 環境へのインストール

  1. Weka Wiki から Windows 用のインストーラをダウンロードします。

  2. Windows PowerShell を管理者として実行します。
    Windows PowerShell

  3. 以下のコマンドを実行して、カレントディレクトリを移動します。

    cd < インストーラをダウンロードしたディレクトリ >
    
  4. 以下のコマンドを実行して、 Weka をインストールします。

    .\weka-3-9-4-azul-zulu-windows.exe /S
    
  5. 以下のコマンドを実行して、 Windows PowerShell を終了します。

    exit
    
  6. スタートメニューで Weka 3.9.4 をクリックします。

  7. Weka GUI Chooser の画面が表示されることを確認します。
    Weka GUI Chooser

UTF-8 を使用する場合の環境設定

  1. C:\Program Files\Weka-3-9-4\RunWeka.ini をテキストエディタで開きます。

  2. fileEncoding=Cp1252 を fileEncoding=utf-8 に修正します。

  3. RunWeka.ini を保存します。

  4. Weka を開いている場合は、一度画面を閉じてから開き直します。

これで、 Weka を使うための準備ができました。

sakitics
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした