Unity
Photon
Oculus
VR

Unity超初心者が2ヶ月でソーシャルVRを作った話

はじめに

Unityに全く触れたことのない私が、無謀にもVRのプロダクトを作ろうとして陥った絶望の記録を、ここに記す。
※当記事は、Unity初心者向けです。

プログラミングレベル

HTML/CSS歴:4ヶ月
JavaScript歴:3ヶ月
PHP歴:2ヶ月
Ruby歴:2ヶ月
以上。

今回作ったモノ

Oculus Rift(+touch)を使って、VR空間上でコミュニケーションが取れるUnityプロジェクトを作った。
奇跡的に、作れてしまった。
(→身振り手振り、指の動き、声(音声)の送受信を行えることを目指した。)

本編(編集中)

【第1話】Unity超初心者がVRを作ろうとしたけど、何から始めれば良いかわからなかった話
【第2話】Unity超初心者がVRを作ろうとしたけど、そもそもUnityが意味わからなかった話
【第3話】Unity超初心者がOculusでVR開発に挑み、物体の生成すらできなくて泣きそうになった話
【第4話】Unity超初心者がOculusを使ったVR通信に挑み、"Photon"に本物の絶望を教えられた話(導入編)
【第5話】Unity超初心者がOculusを使ったVR通信に挑み、"Photon"に本物の絶望を教えられた話(完成編)

【Thanks】Qiitaを初めて書く上で、参考になった記事

QiitaでYouTube動画をインラインっぽく表示