Alfred workflowのpurgeのソースがMavericks移行非対応なのでsudoをつけたままpurgeを打つ方法

More than 1 year has passed since last update.

長いタイトルですが普通にsudo無しでコマンド実行する手順のメモです

まずpurgeだけsudoをいらなくする方法:

visudo # vimが立ち上がります

---vim---
username ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/sbin/purge
---end---

と書くだけ。

NOPASSWDのあとにディレクトリを渡して上げるとその中に入ってる実行ファイルがすべてsudoが要らなくなります。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.