Help us understand the problem. What is going on with this article?

今後絶対大事になってくるGitHub Actions

More than 1 year has passed since last update.

この記事は Qiitaユーザー大決戦、ベストレビュアーは誰だ!? Advent Calendar 2018」 11日のになります。

公開されたばかりのGitHub Actionsについてのレビューになります。

◇お使いのツール名

GitHub Actions

◇この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

エンジニアであればだれでも知っているであろうGitHub、その環境上で実装・実行可能なCI環境であること、その上導入がびっくりするほど簡単なところがGitHub Actions最大の魅力です。

今までのGitHubで、テストやlintチェック、ビルド処理といったものを導入しようとした場合、 Travis CIなど外部サービスを複数活用するGitHub Appsなどを自作して自前で運用する などが必要でした。

GitHub Actions であれば簡単で自由に構築することが可能です。
実装方法もシンプルで Dockerfile を作成するだけです。
しかも作成したactionはGitHubなどを利用して公開することも可能です。

image.png

GitHub Actionsはこの画面で繋がりをドラッグしながら作成していきます。
設定ファイルを直接記述することも可能です。

◇改善してほしいポイントは何でしょうか

まだまだ、発表されたばかりなので 公開されてるaction情報 が圧倒的に少ないです。
※ただ、ドキュメントは存在するので困ることはありません。

GitHub Actions の利用が活発になり、OSSとして action が大量に公開するようになればもっと便利になると思います。

◇どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

まだまだ利用を始めたばかりですので得られてるメリットは少ないですが、
CIのジョブつまりが解決した外部サービスとの連携をより密に(API活用)actionを共有することでデプロイ周りの共通化 など分かりやすいメリットが現れています。

◇おすすめ度

★★★★★★★★☆☆

◇あなたはこの製品・サービスをどのような立場で関与していますか?下記より選択ください*

・導入決定者

◇満足度を5段階で評価ください*

項目 満足度
機能への満足度 ★★★★☆
使いやすさ ★★★★★
導入のしやすさ ★★★★★
管理のしやすさ ★★★★★
サポート品質 ★★★☆☆
価格(費用対効果) ★★★☆☆

◇利用期間をお選びください*

・1年未満

◇他製品・サービスからの乗り換えですか?*

新規導入
※いくつかの外部サービスは乗り換える可能性大

◇検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

すでにDockerを利用している場合は、必要技術をほぼ満たしているので他を邪魔することなく簡単に導入可能です。

実装に関する質問

◇導入形態は何ですか?

・クラウド

◇製品・サービスの購入から稼働開始まで、どのくらいの期間を要しましたか?

・1日

◇利用を開始した時期はいつですか?

・2018年

最後に

気になったら、GitHub Actionsの利用申請をどうぞ

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした