Git Github ブランチ作成

ブランチ作成のコマンドをメモ。

いま自分がmasterにいるか以下のコマンドで確認してください。

$git branch -aまたは$git branch

*master となっていればOKです。(*が今いるところです。)

masterにチェックアウトする場合は

$git checkout master

の後に

$git branch -aまたは$git branch

してmasterにいることを確認してください。

$git checkout -b 作成するブランチ名

$git push -u origin 作成したブランチ名

これでブランチ作成できました。

ブランチができたことを確認。

$git branch -aまたは$git branch

して完了。


以下ブランチの必要性について。

Githubの使い方について、私は未経験ですが聞いた話を元にメモです。

初心者の頃はgithubを使うのにmasterにpushばかりしていましたが、

本来はmasterに直でpushすることはないです。

githubの使い方の流れを簡単に説明すると、

ブランチを作成して、作業はブランチにpushして、プルリクして、mergeして

という流れで、masterを作り上げていきます。

(もっと詳しくいうと、masterの手前にもう1つブランチがあって、そのブランチにmergeしていき試作品を完成させて、問題がなければその完成品をmasterにあげる流れになります。masterには完成品しかmergeさせないようです。学び始めた当初はmasterにばかりpushしていたので気づきませんでしたが、masterは本来超神聖な場所というイメージになりました。)