Edited at

Amazon Aurora ServerlessとRDSの接続時間比較

More than 1 year has passed since last update.

AZ間の通信と、エンドポイント経由でAurora Serverlessへアクセスする際の接続時間の差も気になったので測って見ました。


前提条件


  • VM-A(t2.micro/ap-northeast-1a)

  • VM-C(t2.micro/ap-northeast-1c)

  • VM-A/Cは同一AMIから作成

  • RDS(Aurora MySQL 5.6/サーバーレス/最小・最大とも2 個のキャパシティーユニット)


Perl-DBIによるアクセス

同じく、DBIを使用して、connect/disconnectだけを1000回ループ。

VM-A
VM-C

1回目
13479
13542

2回目
13397
13733

3回目
14502
13764

平均
13793
13680

(単位:msec)


結果


  • EC2のゾーンによる、AuroraServerlessへの接続時間の差は見られない。

  • 同一ゾーンのRDSへの接続時間に比べて、8倍程度遅い

  • 異なるゾーンのRDSへの接続時間に比べて、1.6倍程度遅い


mysqlコマンドによるアクセス

参考までに、mysqlコマンドでログイン/exitだけを1000回ループさせました。

VM-A
VM-C

1回目
20819
20688

2回目
21814
21007

3回目
20720
21368

平均
21118
21021

(単位:msec)


結果


  • EC2のゾーンによる、AuroraServerlessへの接続時間の差は見られない。

  • 同一ゾーンのRDSへの接続時間に比べて、4倍程度遅い

  • 異なるゾーンのRDSへの接続時間に比べて、1.5倍程度遅い